貨幣世界研究院のオリジナルコラム「アナリストが後市を見ている」に興味を持ってくれてありがとうございます。同名の深さシリーズのオリジナルコーナーが現在発売されています。
お気に入りのアナリストがあれば、メッセージ、深さの文章、Bサークルにメッセージを残して、好きなアナリストを指名してください。
今日は【アナリストが後市を見ている】というアナリストのために、デジタル通貨のトレンドトレーダーを紹介します。彼は今後24時間の盤面の動きを説明して、予測をして、みんなに操作の提案をします。ビットコインは再び高位に衝撃を与えましたが、残念ながら高値を突破できませんでした。再び19000ドルの近くに戻ります。市場の違いが大きいです。上は20000ドルの整数の関門です。いつ突破するかはすべての投資家の関心の焦点になります。この波の倍相場は、ずっと大きな調整ができていないので、さらに心配です。
昨日みんなと共有しました。取引所に入るビットコインの数が増えています。90の上の月の数は、市場が過熱していることを物語っています。一部の資金は徐々に退場し始めています。トレイもう一つのデータはエーテル坊のネットワークにロックされているビットコインも減少の兆しが現れています。これは一部のビットコインが請け戻されるということです。これも潜在的な圧力であり、市場に潜在的な脅威である。
図から見ると、今年初めのロック量は1000枚しかなく、年末には15万枚に達し、150倍になりました。ロック量はビットコインの総流束の0.75%以上を占めています。トレイもちろん、現在のグレースケールの保有量は継続的に増加しています。これはビットコインの価格に対して強い支持をもたらします。トレイまた、グレースケールのGBTCも引き続き強い勢いを維持し、すでに新高を創出しており、買い占め意欲は引き続き高まっています。いつまでのジャンプギャップを取り戻すかは注意が必要です。明日は祝日です。末の相場は不確実性に満ちている。トレイビットコインの動きから見て、肝心な点はやはり区間の突破状況を見て、この波の回転幅は比較的に浅くて、その上低い点は次第に高くなって、いつでも突破が現れるかもしれません。そのため、折り返し段階で購入し、突破段階で突破強さを見てから決定するのがベストです。くれぐれも突破して前進しないでください、そんなに受動的になります。支持位は基本的に19000ドル近くにありますが、圧力位は前期の高値近くにあります。トレイETHにとっても同じです。今年のETHは市場の一番熱い点になります。来年のDEFIは引き続き爆発する見込みです。先頭は相変わらずETHです。だから中長期の角度から言って、依然として投資の重点です。短期的に見ると、支持位は580~600ドルで、圧力位は620~640付近です。トレイXRPに対して振幅が大きいこれが小さいほど、出来高も小さくなり、短期間で方向の選択に直面します。上に行くか下に行くかがポイントです。突破しようとすれば、早めに介入できます。市場で異変が発生する前に反応するのが一番の策略です。この相場が高いのか、それともリスクがありますか?
他の主流通貨は大体三角形の端にあります。振幅が小さくなり、いつでも方向を選択できます。警戒が必要なのは、突破段階の「誘多」と「誘空」の行為だ。train.