最後の夜BTCは1050ドルのフィボナッチ0.328ポイントを検出した後、急速に上方抵抗エリア10800ドルの上方に引き上げて10700ドル付近に反落しました。中期4時間はまだこの探訪9500ドル以来形成された上昇楔形三角チャネルの中にあります。19年の高位14000ドルが再び反落した大三角終端区間では、量エネルギーが減衰し、持続的な上昇運動エネルギーが強くない。4時間MACDは水上の死角傾向があり、トレンドが逆転するという意味ではなく、依然として揺るがず市場に属している。有効的にチャネルを割っていない下で支持する前に、技術的には本ラウンドの趨勢が反発して終了すると判定できない。抵抗区はフィボナの0.5点の10800から10900ドルの区間にあります。効果的にしっかりと立ったら、次のターゲットは11300ドルの近くまで上昇します。
操作は有効ではない前に、中期は引き続き貨幣を持ちます。