呉氏のブロックチェーンは11月初めに海南三亜で炭鉱大会を開催し、年末と来年の関連業務の販売と普及を促進することを独占的に知っています。鉱山の販売以外に、鉱山池、クラウド計算力、金融などの業務部門も共同主催に参加します。一方、呉氏はブロックチェーンによると、現在ビット大陸が深センに位置する第二サプライチェーンは安定して出荷を開始しており、多くの大鉱山がすでに貨物を受け取り、掘削を行っているという。第二サプライチェーンは10月にこれまでの「借金」をクリアし、11月から本格的に追平し、11月の先物を発売する予定です。
020年7月6日呉忌寒方面は深センシリコン基揚航科技有限公司を設立して出荷に用いています。これはいわゆる「第二サプライチェーン」です。元ビット大陸工場の深セン世紀雲芯はジェック団のコントロールのために、停止状態にあり、現在大量の訴訟が相次いでいます。トレイ三亜会議をめぐってある噂によると、ジェック団と呉忌寒会は手を携えて三亜鉱夫大会に出席し、和解を発表しました。会議の主催者ははっきりと否定しました。以前、呉さんはブロックチェーンも披露しました。双方は現在6つの可能性のある交渉案を提出しましたが、どれも困難が多く、ほとんど進展していません。
もちろん私たちも排除できません。もし半月以内に神速突破があったら。しかし合理性から言えば、開マン訴訟がある一方の決定的な進展に偏っている前に、どちらの大きな妥協もありえない。(結局は、台積の電気を持って支持しているアリの鉱機を握るのは、やはりお金がかかりすぎます。)
ジェック団の立場から言えば、彼は自分が大株主だと思っています。
参考:呉忌寒が一月ビット大陸に戻り和解しました。ですか?ジェック団は本当に負けましたか?(ビット大陸シリーズ24)
もう一つのデマはある鉱山業者からメディアに自主的に釈放されました。沈南鵬圧力と調停の下で、ジェンキ団と呉忌寒は互いに訴訟を取り下げると言われています。ジェック団は鉱機を主導して、杜詩聖によって販売を担当します。呉忌寒は金融を主導して、李鉱が担当します。トレイ複数の関係者によると、このデマを解放する目的は、ある鉱夫が出荷しようとしてメディアを利用して虚偽の情報を釈放したことであり、その後、メディアも間違いに気づき、直ちに原稿を削除した。他にも多くの鉱山労働者のフィードバックがあります。一方は現金を得るために、倉庫の中のいくつかの故障の鉱山を知らないお客さんに販売して、権利を守ることができます。数名の業界の大鉱山労働者はまた、鉱山を買う前にきっといろいろと相手の口コミと歴史を相談して、だまされないように注意しています。
最後にもう一つの噂があります。ファーウェイの生産能力が撤退した後、ビット大陸が一部の新生産能力を獲得し、他のメーカーがきっとパニックになるということです。サムスンの生産能力が不足しているため、大量のS 19の出荷は全体の計算力を高めることになります。このうわさは、サプライチェーン関係者の証言も得られた。鉱山チップの優先度は低く、現在は台積電原ファーウェイの生産能力は優先的にリンゴ、高通、英偉達、AMDなどの大工場に供給され、ビット大陸にあまり残していません。train.