リナックス・ファウンデーションは、フレームワークであるハイパーレッジャーを構築している。IBMやIntelなどは、ハイパーレッジャーを基礎としてオーブンソースブロックチェーンを WEB 上に公開している。

 

つまり、リナックスは既にブロックチェーン技術に対して優位性を持っていると言っても過言ではないだろう。ちなみに、ハイパーレッジャーレッジャーの設立には、富士通やANZbank、MUFG なども参画しており、それぞれの企業が独自に技術を応用したうえでブロックチェーンサービスを確立している。

 

そして、リナックスはハイパーレッジャーファブリックに関する上級トレーニングコースを公開する予定だ。

 

・リナックスの新しい取り組みについて

リナックスが提供するのは、ハイパーレッジャーファブリックの上級トレーニングコースであり、比例でのオンライン学習プラットフォーム edX.org を利用する。自己学習形式であり、企業向けのブロックチェーン学習プログラムと言えるものだ。

 

ブロックチェーン対する学習は、世界中で人気を集めている。理由としては、大企業だけでなく、仮想通貨取引所や中小企業においても今後、ブロックチェーン技術が波及していくことが予想され、ブロックチェーン技術を学習したいと望む人々は増加しつつある。

 

加えて言えば、ブロックチェーン技術に関する採用は非常に伸びており、労働市場にも新しい流れが起きている状況にある。ちなみに、今回の学習プログラムで追加されるのは、上級プログラムであるものの、基礎学習も可能である為、ブロックチェーンを体系的に学ぶにはベストなプログラムと言えるだろう。

 

仮想通貨市場の拡大は、仮想通貨の価値のみに左右されるものではなくなってきた。ブロックチェーン技術が世界中のあらゆる産業やシステムに応用されつつあるからだ。今後、ブロックチェーン技術を学びたいと思った場合にリナックスの学習プログラムが世界的なスタンダードとなる可能性も低くはない。