中国新網北京報道によると、12月11日、「銭老及び銭学森智庫発展シンポジウム」が北京で開催され、国務院国有重点大企業監事会の劉順達元会長は、智庫を建設し、品質チェーンと責任チェーンをブロックチェーン技術に基づく数字チェーンにリンクさせることで、基準で測定し、実践的な検査を行い、データを使うことができると指摘した。話をして、政策立案者に方向、大局を管理して、実行を守る時胸の中ではっきりしていて、的中して矢を放つことができます。