中国人民銀行清算総センターは6月11日、ブロックチェーンなどの分野の研究人材を募集しています。中国人民銀行清算総センターは「中国人民銀行清算総センター博士後研究ワークステーション2019年度ドクター募集要項」を発表しました。このうち、課題研究には、金融インフラ建設研究、人工知能応用研究、開放銀行アーキテクチャ応用研究、ブロックチェーン技術応用研究、支払システムのビッグデータ応用研究などの5つの方向があります。ブロックチェーン技術応用研究の基本的な要求はブロックチェーンの技術研究と応用タップを展開することであり、具体的な内容は以下を含む。1)ブロックチェーン技術の工業界及び学術界における最新の研究成果を追跡する。2)ブロックチェーン技術に基づくビジネスシーン応用モデルを提出し、関連する応用シーンの原型を設計し、機能、効率及び利用性などの方面について行う。検証します。3)ブロックチェーン関連の下地技術研究を展開し、支払いシステムの下の構造における参照と応用を試みる。注:中国人民銀行清算総センターは、中央銀行、商業銀行及び全社会のために清算及び関連サービスを提供する全国的な金融サービス組織です。