仮想銀行が本当に来ます。12月18日、香港金融管理局(以下、香港金管局)の阮国恒副総裁は、各方面の努力を経て、初めての仮想銀行が同日から香港金管局の金融科学技術監督沙箱で試験営業を行うと表明した。
これは香港銀行の顧客がより多くの革新的な銀行サービスを体験することを意味し、香港銀行業が新たな一歩を踏み出すことを示しています。
免許証を発行した銀行の業務計画に基づき、仮想銀行の免許証を取得する機関は約6ヶ月から9ヶ月以内に正式に関連サービスを開始する必要があります。
実は、この時点はもう近いです。
最初の「蟹を食べる」銀行は衆安銀行有限公司です。
試業初期には、ZA Bakは約2000名の香港の小売顧客にサービスを提供し、特選ユーザーからのフィードバックを収集することによって、銀行のサービスプラットフォームをさらに充実させ、正式開業のために準備する。
ZA Bak最高経営責任者の許洛聖氏は、「仮想銀行免許を取得した後、ZA Bakのチームは優れたお客様の体験を提供することを目標にして、バックグラウンドの開発とテストに専念し、良好な進展を収めています。
今、私達はもう準備ができました。特選ユーザーに向けて試業を展開して、私達の製品とサービスを新たな発展段階に向かわせます。
従来の銀行とは違った実体モデルがあります。仮想銀行を通じて、ZA Bakユーザーは本当の全日銀行サービスを体験できます。ワンストップ携帯アプリを通じて口座開設、預金、振替などのサービスを行い、支店で手続きをする手間を省きます。
また、ユーザーは香港の身分証を持っていれば、5分以内に口座を開設することができます。
また、ZA Bakは転送数の速いクロスプラットフォームでの振替をサポートし、「5秒振替バッファ」「顔認識認証」などの機能を提供します。
許洛聖氏は「仮想銀行は新興の運営モデルとして、現在の伝統的な銀行固有のサービス思考を打ち破り、将来の銀行顧客の生活様式を変える」と指摘している。
過去数ヶ月にわたる鳴り物入りの仕事を経て、私達はすでに準備が整いました。お客様に私達の努力の成果を展示します。
また、今回の試技に参加したユーザーの貴重な意見を得ることを期待しています。
試業期間中に、ZA Bakはお客様の意見と運営と技術準備状況を合わせて評価し、また監督管理機構と緊密に交流し、さらに正式開業の時期を検討します。
ZA Bakは衆安科技(国際)集団有限公司(「衆安国際」或いは「ZA」)の全額出資子会社であり、香港金管局から授与された初の仮想銀行の一つである。
記者の知るところによると、香港金管局はこれまで3回に分けて8枚の仮想銀行のライセンスを発給してきたが、多くの仮想銀行が本格的に市場運営に入る時間は未定だ。
衆安銀行が試運転を発表した後、壹帳簿通は「国際金融新聞」の記者に対し、「壹帳簿通傘下の仮想銀行の開業はまだ予定通りの準備中で、数ヶ月以内にサービスを開始する」と返答しました。
5月9日、金融壹帳簿通全額出資子会社の平安壹帳簿通有限公司も香港金融管理局から発行された仮想銀行の免許を取得しました。