パリ時間2020年12月9日-10日、ヨーロッパで最も規模のあるブロックチェーン会議、PBWSパリブロックチェーン週間サミットに招待されました。今回のサミットには、世界各地から1700人以上の企業家、投資家、メディア関係者が集まり、貨幣安創始者の趙長鵬、普華永道グローバルブロックチェーン指導者のHenri Aslanianなど業界の有名人が集まっています。参加者たちはブロックチェーン技術とデジタル通貨をどう利用してフランスを最初の商業友好のG 20国にするかについて深く検討しました。全体の会議のオンライン観衆は3039人を超えました。
会議の間、RegTankのオンライン展示台は多くの訪問者を引きつけました。訪問者はRegTankに提供されたワンストップ型コンプライアンス科学技術解決案に対して大きな興味と認可を示しました。RegTankもこの機会にブロックチェーンへ業界の専門家はチームの研究開発の成果を展示して、コンプライアンス科学技術のブロックチェーンとデジタル通貨業界における重要性と発展傾向を共有しました。また、RegTankも今回のサミットで多くのターゲット顧客と深い関係を結び、ヨーロッパ市場を開拓する機会を得ました。
ブロックチェーン技術の発展とデジタル通貨の応用シーンの拡大に伴い、関連する法律法規は次第に世界的な金融市場に導入されています。例えばシンガポール金融管理局(MAS)が2019年に導入した支払サービス法案(Payment Service)Act)、イギリス市場行動監督管理局(FCA)が発行した「暗号化貨幣資産マニュアル」、マルタ当局が公布した3つの分散型帳簿技術法案など。各国の監督管理部門が絶えず重視しているのは、デジタル通貨業界にとってチャンスであり挑戦であり、一方ではコンプライアンスの仕事の難しさが増しています。貨幣取引所にとってはまた一種の保護であり、合法的なコンプライアンスの範囲内でさらに発展するために絶好の機会をもたらしました。
調査によると、今後5年間で、グローバルコンプライアンスのコストは2800億ドルに増える見込みです。レギュレータ技術は、金融機関が社内のデータセットを統合し、操作方法を統一することによって、コンプライアンス作業を完了するために必要な時間と経済コストを大幅に削減することができます。各種の監督管理ニーズを満たすために、RegTankはコンプライアンス審査、身分証明書、取引監視、リスク管理、コンプライアンス報告を深く耕し、お客様に最も監督管理ニーズに合うワンストップコンプライアンス解決案を提供するように努めています。RegTankはデジタル通貨業界のコンプライアンス転換を推進することに力を入れており、監督管理政策が絶えず緊縮される大きな背景において、デジタル通貨企業のコンプライアンス面でのコストを低減し、プロセスを簡素化し、ワンストップコンプライアンス解決案を提供し、コンプライアンス、安全、リスク管理の挑戦に最も有効な方法で対応する。RegTank豊富なリスク管理経験と専門的な技術、製品チーム及び創始的なProttegoコンプライアンスソリューションはコンプライアンスプロセスの自動化をより良く実現し、デジタル通貨業界のコンプライアンス転換を賦与する。train.