//our.status.im/dego-i-defi/
Rajev Gopalakristhnaran.訳者:DRD
校正:Share
字数:3538
翻訳機構:DAOSquarartra.名詞解釈
DeGoDecentralised Governance中心化して治理するトレイ治理は「あること(例えば国や組織)の発展方向を管理または監督する行為またはプロセス」と定義されます。ブロックチェーンの分野では、ガバナンスは通常契約の中でどのように行われますか?現在と未来の改善を指導する。
ブロックチェーンの領域はどのように管理するかは常にホットスポットであり、同時に論争の話題でもあります。特にブロックチェーンコミュニティではよく議論されています。基本的にはそれを二つの種類に分けられます。チェーン上の治理とチェーン下の治理。チェーン上のガバナンスはブロックチェーンプロトコル自体を埋め込むアルゴリズムとして理解でき、チェーン下のガバナンスは非公式ブロックチェーンプロトコル以外で行う指導と監督である。Tezosは前者の一例ですが、ビットコインとエーテル坊は後者です。しかし、本論文ではブロックチェーンの管理について議論しているわけではない。Vlad Zamfir、Freed Ehrsam、Vitalik Butterinなどはこの話題についていくつかの観点的な文章を発表しました。train.本稿では主にエーテル坊上のDeFi協議における中心化管理(DeGo)の背後の技術プロセスを紹介する。まずエーテル坊でリードしているDeFiを紹介します。協議は幅広い見通しを持っており、現在の治理過程のいくつかの重要な点をまとめている。この背景には、無料投票の基本原理が提案されており、この分野ではまずSnapshopを採用する技術的背景を説明している。Snapshotは、現在直面しているセンター化への挑戦を実現するとともに、チェーン上でArangonを利用したチェーン下投票の可能性をさらに議論し、どうやってSnapshotを通じてWaku上でプロトコル通信の審査能力を向上させるかを検討します。train.協議と治理
DeFi中心化ブロックチェーンに行くプロトコルに基づいて構築された金融応用生態系です。これは貯蓄、取引、クレジット(ローン/ローン)、派生品と保険などの金融道具を含みます。伝統的な金融と違って、DeFiは3つの重要な要素があります。2)透明なオープンソース監査知能契約とブロックチェーン上の取引(3)無許可で創造、使用、修正、または様々な項目を組み合わせる。
Maker最も有名なDai安定貨幣を作ったDeFiプロジェクトです。CompundとAaveは今一番人気のDeFiローンプラットフォームです。Uniiswap、Curve、Balancerは最も一般的なセンター取引所に適用されます。Synethetixは実体資産価値を追跡するためのDeFiプロジェクトです。Yearnはローン集約、収益集約、保険を含むDeFiプロジェクトを統合したセットです。Nexus Muturalはコミュニティベースの保険プラットフォームに取って代わるもので、メンバーが知能契約から漏れた穴リスクに保険をかけることができます。Aragonは、Aaveなどの典型的なアプリケーションを中心化組織(DAO)のプラットフォームへの起動と管理を行う。とCurve。
これらのDeFiプロジェクトにはそれぞれの治理メカニズムがあり、プロジェクトの運営方向と協議調整戦略を共同で決定する。プロジェクト特定の治理トークンの所有者だけが、これらの治理過程で投票を許可されます。上記10個のDeFi項目のトークンはそれぞれMKR、COMP、AAVE、UNI、CRV、BAL、SNX、YFI、NXM、ANTである。
MakerMKRの所有者はMaker契約を管理し、Daiの安定貨幣を調整する政策を含み、新たな抵当の種類を選択し、治理パターン自体を改善する。
コミュニティはDisccourseで討論します。投票者はMaker(MKR)トークンを持って、専用の治理プラットフォームで行う必要があります。
ガバナンスは投票によって合意に技術的な変更を行います。金庫の種類、パラメータ、知能契約。普通は投票する前に一回の調査を行って、ざっと投票者の全体の意向を判断します。以上の操作はチェーン上で発生します。MKRの投票者は投票契約にロックされていますが、投票結果はMKRが提案した投票数によって決められます。
Maker実際には非公式な連鎖外治理機構が存在する。彼らはDiscourseを通じてSignal ThreadsとInformal Pollsに対して非公式の世論調査を行い、話題の中での立場をアピールする機会を与え、コミュニティ内の意見を評価し、チェーンに移すかどうかを決める。これらは参加者がMKRトークンを持っている必要はありません。またはエーテル坊でブロックチェーンを使って相互作用します。
話題のクリエイターがコミュニティサポーターから非公式の支持を得たことを確認した後、要請を出して対応するチェーンを作ります。ポーリングを管理し、チェーンからチェーンへの移行を実現する。
comppound治理パターン:Compund契約はCOMPトークンの所有者が三つの異なるコンポーネントを通して管理し、アップグレードします。COMPトークン、ガバナンスモジュール(GovernorAlpha)とTimelockを含みます。これらの契約は、一般的にはcTokenまたはComprollerの提案、投票によってコミュニティが変更されることができます。関連する内容は、金利調整モデル、新資産の増加などの変化を含むことができる。100,000以上のCOMPトークンを持つ参加者は、実行可能なコードによって管理することができます。提案が作成されると、コミュニティは通常3日間の投票期間内に投票できます。提案が多数票を獲得し、少なくとも40万票の支持があれば、Timelockに並び、2日後に実行します。Tran.創世段階ではCompundコアチームは契約変更に対して管理特権を持っていますが、治理トークンは使用されていません。しかし、彼らは2020年2月にCOMP治理トークンを導入し、将来的にはセンタートークンの所有者にコミュニティ治理を行うモードに移行しました。.
コミュニティの議論もDicourseで行います。投票はCOMPトークンを持ち、専用の治理ゲートで行われる。
comppoundEIC-712を使って署名した無Gasの投票と依頼を明確に支持します。このようにするメリットは、投票者またはその代表がチェーンの下で彼らの投票情報に署名し、信頼できる第三者にETHを使ってgas費用を支払って、最終的にチェーンの上で投票することです。tracn.Aave治理パターン:「契約治理は、リスクパラメータ、改善意見と動機付けに対する異なる意思決定プログラムから構成される。エイベックスe将来の契約に関するさまざまな決定はこの手順で行われます。AAVEトークンは、所有者に提案に投票する権利を与え、契約の管理者として一致行動する。tracn.Aave四段階の治理プロセスを実施しました。2.議論と情報収集は、動議についてさらに議論し、コミュニティの治理案に対するフィードバックを評価する。3.創世チームは必要な知能契約を承認し、提案を提出したり、AAVEトークン所有者に投票させたりします。4.投票は実施案を通じ、投票は失敗すれば拒否する。tracn.Aave治理モデルは2020年9月にエーテル坊のメインネットワークで発表された。最初の提案は古いLENDトークンから新しいAAVEトークンに移行し、Snapshotプラットフォームである。紹介)上のチェーンの下で実行します。契約管理鍵は10月に管理契約に移管され、所有権をトークン所有者コミュニティに移転しました。
Uniswap治理パターン:「Uniiswap契約はUNIトークンの所有者によって管理され、アップグレードされます。三つの異なるコンポーネントを使います。UNIトークン、治理モジュール、Timelock。これらの契約はコミュニティの提案、投票とUniswap契約の変更を許可します。100,000を超えるユニオントークンを持つ参加者は、実行可能なコードで管理することができます。提案が作成されると、コミュニティは通常3日間の投票期間内に投票できます。提案が多数票を獲得し、少なくとも400万票の支持があれば、Timelockに並び、2日後に実行します。
Uniswap三段階の治理過程を実施しました。1.温度調査、コミュニティメンバーはDisにいます。courseフォーラムで提案討論を行い、UniswapのSnapshot空間で評価投票を行います。3日間で、この提案が2.5万UNIの賛成票を獲得すれば、十分な支持を得て次の段階に入ると思われます。2.コンセンサス調査、すなわちDiscurseで潜在提案を正式に検討し、特定のオプション(make-no-changeオプションを含む)に対して別のSnapshot投票を行う。この潜在提案のある具体案が5日間で5万UNI賛成票を獲得すれば、次の段階に入ると考えられています。3.治理提案は、前段階の勝利案が編集され、監査、提案された(すべてのUNIトークンの保有者に支持される1%である10 M UNIが必要)、そして治理ポータルサイトに提出してチェーン投票を行います。7日間の投票期間を経て、UNIは4%必要です。4000万UNI)の提案コードはTimelockに並べられ、2日後に実行されます。
UniswapEIC-712に基づくオフライン署名をサポートします。コミュニティディスカッションなどを通じて、チェーン上で投票しない事項に対して「ソフトガバナンス」を行うこともサポートしています。
raveガバナンスモード:「Curve DAOは2020年8月13日に正式にオープンします。そのDAOは、新しいプールを追加したり、池のパラメータを変更したり、CRV励振を追加したり、Curve契約を締結したりするさまざまな面で流動性提供者の決定を可能にしています。Curve DAOトークン発行の主な目的はCurve金融プラットフォーム上の流動性プロバイダを激励し、できるだけ多くのユーザーを契約書の管理に参加させることである。現在CRVトークンは3つの主要な用途があります。投票、抵当、補助です。この三つのことは投票の前にあなたのCRVトークンをロックしてください。CRVトークン」
rVCuriveプラットフォーム上の多目的治理貨幣で、時間重み付け投票と価値累積メカニズムがあります。CRVの所有者はCRVをCurve DAOにロックして投票に必要なveCRV(投票信託CRV)トークンを得ることができます。ロック時間が長いほど、投票権が大きいほど、ロック時間が最短で一週間となり、最長で四年間となります。veCRVの重みはロック期間に近づくと徐々に減少する。
参加者は同時にガバナンスフォーラムで非公式提案を作成し、Snapshotで評価することができます。Curve契約を修正するには、公式の提案が必要です。それらは二つのタイプに分けられます。パラメータとテキストです。パラメータは成功した投票の3日後に自動的にDAOに提出することを提案します。テキストはCurveチームの参加が必要です。新しいDAO提案を作成するには少なくとも2500のveCRVを持つ必要があります。。要約:以上のように管理過程は通常三つの技術に関連しています。1.討論フォーラム(例えばDiscourse)は、コミュニティメンバーが非公式に提案し、討論案を提出します。2.信号フォーラム(例えばSnapshot)は、トークンを持っているコミュニティのメンバーがオンラインで投票して、彼らの提案に対する態度を表します。3.投票フォーラムでは、トークンを持つコミュニティのメンバーがチェーン上で投票を行い、正式に承認または提案の実行を拒否します。
ブロックチェーンの領域に限らず、多くのコミュニティはDiscourse、Discord、Giter、TelegramまたはSlackなどの情報プラットフォームを使って討論と交流に使われています。投票フォーラムは現在標準的なDappであり、ユーザーが暗号化された財布(彼らの治理貨幣を訪問するためのもの)とブロックチェーンの中の知能契約インターフェースをリンクする必要があります。DeFi治理の過程にとって、今は比較的に斬新で独特な仕事です。TIMEOUT}これは小さいトークンの持ち主の未来に実際的な影響を与えるかもしれません。彼らはブロックチェーン上で行われるDeFi治理を放棄するかもしれません。特に多くの決定がトークン(token)を持って処理する必要があるとき。エーテル坊のこのような制限は契約書に対する政治的中心化のプロセスを弱めたと言える。
肝心な投票段階は、今日のように、イーサ坊ブロックチェーンで行われる必要があるかもしれませんが、センター化と拒絶審査監督を保証します。しかし、それほど重要ではないですが、やはり重要な情報伝達の前期段階はチェーンの下で無料で行われます。Snapshotは現在のこのような需要を満たすことを目指しています。
上記の項目を除いて、他の業界でリードしているDeFiプロジェクトは、実はすべてSnapshotを使っています。Yam、Yearn、Balancer、Sushi、Swerve、Pickle、Agaを含みます。on,mStableやCreamなどです。MakerとCompundもSnapshotを使って情報伝達を完了することを考えているようです。トレイアーキテクチャ:SnapshotはHubサーバに接続されたウェブクライアントがあります。異なる項目の空間をウェブ画面で表示します。Snapshot空間は、単一のプロジェクトでトークンに基づく投票提案を一覧表示する場所である。Snapshot空間は、webインターフェース上でENSドメインを介して作成される。
ウォレット(特定項目のトークン)に接続する空間では、タイトル、提案内容、投票オプション、開始/終了時間、トークン保有数などを提案し、ウォレットから署名情報を提出することができます。
提案に投票するには、指定項目の空間で行う必要があります。はい、まず財布に接続して、必要な投票オプションを選択してから財布から署名情報を提出します。
署名の提案と投票情報はSnapshotセンターに送信され、そしてこのセンターはそれらをIPFSにアップロードして分散的に記憶する。また、センターは、クライアントの急速なローディングの要求を満たすために、すべての提案と投票のIPFSインデックス情報をデータベースに記憶している。
提案の投票結果を計算する方法をストラテジストといいます。ポリシーは、ウェブ画面のJavaScript関数であり、アドレスのセットのスコアを返します。デフォルトのポリシーは、投票者のために提案項目のERC 20トークンのブロックチェーン内の残高を計算することです。これらの計算をチェーンの下で実行することは、JavaScript戦略を用いて反復比を行うため、実際には異なる治理モデルを試験するためにより大きな柔軟性を提供する。チェーンを使って知能契約がもっと早いです。
中心化して
DeFi治理に挑戦する過程で、チェーン下の情報伝達はチェーン上投票の前提となりつつある。チェーン上の投票はますます信用できなくなり、より分散し、高価で効率的になります。情報伝達は有効な練習投票で、無料かつ迅速です。しかし、取引の仲介特性を訓練することによって、このような操作はきっと中心化を弱めます。
これらの挑戦が十分に解決されれば、チェーン上で実行されるセンターレス特性を損なわずに、無料、快速、および継続的に増加する(より低い取引摩擦)チェーンの下で投票することができます。今はSnapshotをもとに研究ができます。
現在のSnapshotについては、提案と投票が結合力のあるチェーン上のガバナンスに転化しなければならない場合、それらは二つの仲介に依存します。
1.信頼できる多重署名です。を思い出してください。マルチ署名された財布は最初にスマート契約の財布の口座に現れました。最低署名数(m-off-n)を強制的に実行することによって、財布の取引を行います。DeFiプロジェクトの環境において、信頼された多重署名は、コミュニティの中の尊敬されるメンバーのグループから来ています。彼らは提案された得票に対応するチェーン上で取引を管理することによって、プロジェクトの決定(投票)を実行するように依頼されます。これらの意思決定は財務、取引または契約の修正に関係するかもしれない。
社会化技術の観点から信頼できる多重署名が中心化するリスクがあります。多重署名権の持ち主がコミュニティから逸脱する決定を下すことはあまりあり得ないが。しかし、理論的には、彼らは彼らの権力を転覆し、乱用することがあります。m−off−nクロストークの確率は低い(mが十分大きい場合、例えば6−off−9)が、ゼロではない。対照的に、プロジェクトコミュニティの規模とトークン分布によって、一つの桁(例えば100個)を設定することで、特定の数以上のトークンを持つ所有者に共通して意思決定の提案結果を要求する。以上述べたように、実は私たちが信用を与えない方法を模索し、承認権を鎖の下から投票して鎖の上に移すことができれば、このような中心化の希薄化を防ぐことができる。
中心化Hub:Snapshot Hubはサーバであり、提案と投票に対応するIPFS署名情報を格納し、検索するためのウェブインターフェースである。これは明らかにセンター化のリスクがありますが、弱体化する可能性があります。例えば、プロジェクト管理に参加するサーバ・リーグを実行することによって、クライアント・サーバ・ファンがセンターオフ化を固有に弱め、ポイント・ペア(p 2 p)ネットワークに比べて監視の可能性を高めている。
これはp 2 pネットワークまたは何らかの方法でストレージ/検索提案を直接IPFSから完全に削除できるかもしれない。取り除く。次の選択の可能性が高いと考えられています。方法は関連するIPFS_hash値を連結することです。しかし、このようにすれば検索の順序性は、その効率を緩やかかつ非現実的にすることができます。次に、上記2つの課題の潜在的解決策について議論します。
Snapshot+アルジャロンラ.アルゴンDAO関連の治理製品とインフラサービスの先導的なサプライヤーです。2020年10月、ArangonとBalancer実験室はSnapshotのチェーン下で投票機能をArangDAOのチェーン上で実行機能と組み合わせて最適化する提携計画を発表しました。Tran.最適化の実行はチェーン上の機能であり、(チェーン上の検証を必要としない)担保債によってすでに提出された結果を実行することができる。紛争の窓口期間内に結果を提出する人がいない場合質疑があれば、結果は拘束力のある最終判断と見なされる。紛争の窓口で質問がある場合は、チェーン上で実行または検証を行う。実体に違反すると罰せられます。(注意してください。これはコンセプト的にはoptimistic rollupに似ています。)
Optimistic Snapshotの提案では、信頼できる多重署名がプロジェクトのトークン所有者のDAOに取って代わられます。Snapsphotの投票が終わったら、誰でもチェーン上のDAOに投票承認された操作を提出することができます。DAOはAagon Agent(代理)の実行前に紛争のための固定期限を設定した。紛争はAragon Court(法廷)が処理する。
DeFiプロトコルがこの提案を評価する時、どのように進行されているかを見てみると面白いです。
Snapshot+Waku
Sttusアプリケーションは、財布機能を持つプライバシーベースの通信とアプリケーションブラウザを組み合わせています。この通信ソフトはセンター化されたp 2 pネットワークによってサポートされており、このネットワークは集中化した賃貸仲介とシングルポイントの故障を解消し、審査に対する抵抗力を高めることを目的としている。この通信ソフトはこの二つのエンドポイントがあるだけではない。情報源からサーバー端まで、そしてターゲットクライアントという「クライアントサーバ」アーキテクチャを再送信する。このような通信モードは、彼らがすべてのクライアントの中で情報ホッピングを行うのに相当し、各エンドポイントはこの情報を受信したが、真の情報受信者を除いては、誰も情報が何であるかを知らず、通信を中心化している。
この通信ソフトウェアのプロトコル転送層は、Whisperの後継者Wakuによって実施され、ルート、メタデータ保護、タイトルベースの伝播と暗号化アルゴリズムを提供する。Waku使用タイトルのtopicという概念で情報を区分していますが、タイトルは実際に指定アルゴリズムを用いて派生した文字列で、「封筒」に入れて使います。「封筒」は暗号化されたメッセージをこのテーマとTTL(time-to-live)と一緒に封入しました。
Wakuv 2は、一般的なメッセージング層を発展させています。どのプロジェクトも、Statusを除いて、完全な、拡張可能な、暗号化を中心とした、ユーザ駆動p 2 pルーティングプロトコルを実装するために採用されます。Whisperプロトコルの最初の目標の一つは、M 2 M(マシン対マシン)のエーテル坊での応用を促進することであり、例えば財布、Dappアプリケーションと二層拡張を行い、通信レベルでの多重署名技術とDAO投票を実現することである。Wakuの目標はこのM 2 M通信を実現することです。train.Wakuを使って、Snapsphotセンターはp 2によってできます。pネットワークのノードが代替して、署名の提案及び投票情報がIPFSに転送される。将来は、IPFSに依存することなく、投票を記憶するためにユーザノードネットワークを展開することもできる。これは、Sttus通信ソフトウェアが、履歴ノードを使用して、オフラインクライアントに情報を格納する方法と同様である。
この方法は、中央サーバが提案または投票を選択的に削除して審査することを防止することができる。また、任意のノードは、独立したチケットで提案結果を検証し、必要に応じてチェーン上に提出された任意の意見に影響を与えることができる。私たちは回想してみると、治理の第一段階は往々にして討論であった。Wakuはすでに公共チャネル(私チャットと1:1チャットを除く)をサポートするSttus通信ソフトを提供しています。Sttus通信ソフトはまた、読み取り専用のチャンネルや審査機能などのコミュニティ向けの機能を追加しました。Statusの財布と合わせて、私達はできます。議論と情報フォーラムを結びつけることで、トークンの所有者とプライバシー保護のためのWaku契約によって駆動されるのは面白いことです。コミュニティのメンバーは通信フォーラムで治理問題を討論できます。彼らの財布の中でトークンで優先権を解決して、最後にDappチェーンで投票します。今日、Sttusアプリケーションはすでにこの3つの機能を持っています。
総括
中心化金融(DeFi)協議の治理は、契約の各方面をカバーしています。例えば、在庫資金を異なる作業プレートに配置し、設計と開発を強化し、費用と収益に影響を与えるパラメータを調整し、他の契約書との統合、さらには治理自体を改善します。DeFiプロトコルがより多くの注目を集めているにつれて、それらの管理がより重要になっていると言えます。同じ業界や分野で目立つためにも、生き残るためにも。
本稿では、いくつかの業界でリードしているDeFを紹介します。i協議書は、Maker、Compund、Aave、UniswapとCurveの治理過程のキーポイントをまとめました。このような背景の下で、gas投票の基本原理とSnapshotとそのアーキテクチャを簡単に紹介します。最後に,Snapshotの現在の実施中の脱中心化挑戦と,これらの課題をどのようにAratonとWakuを用いて解決するかについて議論した。
トークンを持つコミュニティのメンバーに包容性を持たせることを目的とした有効な治理システムは、ユーザーが体験し、摩擦が少なく、かつセンター化と反審査を行うことを基礎とした特徴を備えていなければならない。
中心化治理(DeGo)の基礎に行くとDefi分野のこの需要を満たします。Defi世界はDeGoを抱擁する必要があります。train.