ドージコインは2013年に誕生した仮想通貨であり、海岸の掲示板サイトで非常に話題となった。また、日本で生まれた仮想通貨であるモナコインと似たような誕生の仕方をしており、ブロック生成時間等に関してはライトコインよりも短く、発行上限が定められていないことが特徴として挙げられる。

 

そして、2019年5月1日、Coinbase ウォレットのアプリにおいてサポートされることが発表された。仮想通貨の中ではビットコインを基にして作られたものであるものの、開発が継続して行われていることから、非常に有用な仮想通貨の1つとなりつつある。

 

俗に言う草コインであるものの、Coinbase で取り扱われることから、多くの投資家やユーザーが購入できる可能性が広がると言えるだろう。また、開発を行うにあたってはコミュニティが活発であることから、資金調達や投げ銭などの多角的な使用方法が選択肢として考えられる。

 

また、Coinbase は日本に上陸する予定もあり、日本の仮想通貨取引所では取り扱っていない仮想通貨がいくつか存在している。例えば、Stellar やドージコインも現在の日本の仮想通貨取引所では購入することができない。

 

 Coinbase が正式に日本に上陸した場合、金融庁の認可を取ったうえで、アプリなどが対応してる仮想通貨については新しく日本の仮想通貨取引所でも取引が行えるようになる可能性は十分にある。今回、ドージコインがcoinbase に上場したことによって、日本の仮想通貨市場に対しても、新しい仮想通貨の取り扱いが増える可能性があるという希望的な予想を持つことが可能となった。

 

 

ドージコインが正式にcoinbase を取り扱われるようになった場合、価格の高騰やニーズの増加が考えられる。また、ドージコインは通貨としては非常に使いやすい機能を備えており、ビットコインなどのように実店舗で使用できる可能性もゼロではない。そのため、ドージコインも今後に期待ができる仮想通貨の1つだと言えるだろう。