多くの人が今年は牛市というと、「今は2017年とどの段階ですか?」
実は私は以前から言いましたが、今年は過去の2020年の相場を含めて、ビットコインは依然としてそのビットコインである以外は、すべて2017年とは違っています。全国民が参加し、全国民がお金を稼いで、ほぼ一輪のプロジェクトを牛耳っているとさえ言えません。例えば、17年のエーテル坊、小アリ、量子などは、その年は一膨張二年で、百倍も値上がりしました。ほとんどの貨幣圏の中でお金を稼いでいますが、今年は牛強制プロジェクトはおろか、ビットコインを走る人は何人もいません。defiプロジェクトは財産効果がありますが、ライフサイクルは本当に短すぎます。人々は参加できないうちに崩れてしまいます。参加したらセットになります。大規模な財産効果は形成できません。はっきり言ってしまえば、個人経営ではお金は全然儲けられません。でも、2020年から今までは、確かに牛市です。これは間違いなくおかしくないです。全体暗号化された貨幣の時価総額は一兆ドルを突破しました。もし2020年が牛市だったら、私は彼に「金持ちの牛市」と定義します。2017年の「全民牛市」と違って、2020年は2021年を含み、さらにこれからも金持ちの牛市になりそうです。「お金持ち」というのは俗っぽいかもしれません。「お金がある人」に両替してください。例えばdefiの世界は本当にクジラの世界です。トレイ私はたくさんの鯨とチャンプを知っています。それぞれの参加者はディフィの世界で稼いだ鉢でいっぱいです。しかし、多くの個人経営者はお金を稼ぐどころか、鉱山を掘ってもあまり走らないと思います。貨幣を買う人はもちろんです。さっき言ったように、財産効果はもっと少ないです。defi世界は貨幣圏の縮図だけで、貨幣圏全体に拡大して、個人が儲ける割合はもっと低いはずです。ビットコインの住所から見たら、私は昨日の文章はもう話しました。貨幣があるところはますます多くなりました。大量の貨幣は機構に買い占められて、ビットコインに横になって寝て大金持ちになりました。今は金融市場全体がこのような状況です。金持ちは頭の資産の中で団体を抱いて、個人は毎日頭の資産を上回る機会を待って、毎日猛ダッシュを学んで、最後に市場の中の頭の核心の資産に勝つことができる1つがないことを発見します。トレイ隣のA株のこのような状況はもっと深刻のようです。今週は何日間も株価が上がったようですが、個人の手の株は見るにたえません。だから私はこのような段を書きました。トレイ実はみんな同じで、優良資産の集中はますます多くなる共通認識、機関と大家達はしっかりと団を抱いて、核心の資産を買えない個人を残してがたがた震えます。全世界の2020年は「お金持ちの牛市、お金のない人の熊市」です。までも隣の市場では「株災害型牛市」という言葉も生まれました。トレイ普通の個人経営者なら、このような金融市場の「内巻」に入ることをどうやって避けるべきですか?実は簡単です。お金持ちについて行けばいいです。良質の資産を買い、先導プロジェクトを買う。理屈は簡単ですが、A株の個人投資は茅台を買いません。美株の個人経営はりんごを買いません。円圏の個人経営はビットコインを買いません。彼らは本当に彼らを知らないのですか?いいえ、彼らは知っています。「多くの大道理を聞きましたが、まだこの一生をうまく生きられません」。牛市で無理に困難なモデルを選ばないでください。自分で熊市を渡ります。もちろんです。難しいモードで通関したら、ボーナスがもっと大きいという話があります。契約書で他の貨幣をパクリして、ビットコインに勝ったら、あなたの収穫はとても豊かになるはずです。この点は決して否定しません。みんなで自分をやります。の選択です。おのおの金もうけをする。train.