MASTERCARDは、VISAに次ぐ世界的なクレジットカード会社だ。VISAは仮想通貨そのものを強く否定しているものの、MASTERCARDは対照的にクレジットカードの処理におけるブロックチェーン技術の採用を模索している。

 

そして、2018年7月17日、MASTERCARDはアメリカの特許商標庁によってブロックチェーン技術に関する決済スピードを向上させるための特許を取得した。

 

・MASTERCARDから見た仮想通貨

MASTERCARDは、仮想通貨の使用用途が時と共に広がり、ブロックチェーンの採用や開発が世界的に進んでいることを認めている。しかし、世界で最も普及している仮想通貨ビットコインの問題点として、決済スピードの遅さが目立ち、既存のシステムの方が優れているように見えてしまうという点を強く指摘している。

 

また、MASTERCARDは今回の特許を取得したうえで、既存のシステムとブロックチェーンのメリットを折り合わせた新しい運用を行っていくだろう。将来的に世界的な企業であるMASTERCARDがブロックチェーンを採用して、業務のスムーズ化や個人情報の保護を行うということは、世界中のクレジットカード会社がブロックチェーンを使用した送金などを行うようになる可能性があると言えるだろう。

 

・金融機関で進むブロックチェーン技術の開発

MASTERCARDに限らず、あらゆる金融機関や政府機関によってブロックチェーン技術の採用・開発が進みつつある。日本でも富士通やMUFGなどは、ブロックチェーンの研究やテストの為に海外にまで進出している状況だ。

 

ブロックチェーン技術のみで言えば、現状でも数百万件のデータ処理を1秒で行えるものが登場するなど、世界中で開発・企業同士の提携が相次いでいる。ブロックチェーンがネットワークであることから、自社のサービスの内容と合致する個別のネットワークをいかにして顧客と既存の企業に使用してもらうかが非常に重要となってくる。

 

つまり、あらゆる企業によるブロックチェーンの開発・採用の競争を経た上で、今後どのようにして運用していくかによって企業の未来が決まると言っても過言ではない状況になりつつあるのだ。その為、クレジットカード業界において、絶大な影響力を持つMASTERCARDのブロックチェーン技術の今後は要注目だと言えるだろう。