すみません、ビットコインの市場相場の主導権はどこですか?train.中国や日本、ヨーロッパなどではなく、必ず米国と言うと思います。もう一度お聞きしたいのですが、今は特貨などの暗号化された貨幣相場に一番影響が大きいのはどの取引所ですか?三大以外にもう一つのことが言えると信じています。今ではパクリもCoinbaseのパクリが一番強くなりました。時代は本当に変わりました。トレイ去年か今年入場した新人なら、一つのことは分からないはずです。ビットコインなどの暗号化された貨幣市場は、かつては完全にアジア人の天下でした。ビットコインは過去に2ラウンドの大牛市で、2013年と2017年の2ラウンドです。第一ラウンドは言うまでもなく、90%のビットの取引量は実は全部門頭溝にあります。これは東京の取引所にあります。そのほか、多くのパクリ貨幣はライトドルをはじめとして、国内での取引量が一番大きいです。ビットコインの中国の\u907f難\u306f、基本的に取引量はすべてOKです。OKは\u60aa辣な条の大庄\u3068しての地位を維持してきましたが、今でもその伝説が残っています。つまり、基本的にビットコインの市場相場だけで言えば、その時はアジアが主導していると言えるはずです。大丈夫です。2016年になってから、このすべてがより明らかになりました。特に2017年には、中国人と韓国人の熱狂は、この市場を完全に狂わせています。2017年の初めに、中央銀行は何かの部門を開いて会議をします。一回で公告を出します。ビットコインは30%暴落します。その時の市場は本当に面白かったです。最高潮の時には、一つのスクープPが市場を10ポイント暴落させることができます。完全にアジア人が主導している市場です。また、2017年の「キムチプレミアム」は本当に激烈で、しかも実質的なプレミアムです。天の狂喜は毎日れんがを運んでその差額を担ぐ。その時、韓国の資源を持っている人は本当に毎日れんがを運んでいます。他のものは何もしなくてもいいです。残りは大丈夫です。ソウル特別市に飛んで、お金を稼いでいます。あちこちお金を拾っているのはその感じでしょう。トレイ2017年にレンガを運ぶと本当に多くの人が豊かになりましたが、利益と損失は同じです。たくさんのレンガを運んで稼いだのはICOとパクリ貨幣の上でほとんど返しました。2018年の時です。つまり、2017年の熱狂は完全に中国の熱いお金と韓国の熱いお金が押し上げられたもので、韓国の熱いお金はもっと瑞波のような貨幣を推進しました。中国の熱いお金はエーテルとパクリをもっと推進しました。外国人はお金があまりないので、遠くなりました。当時はどんな海外のプロジェクトでも中国に来て資金を融通して道路演習をしなければならなかったです。ここはお金が多くて市場が大きいので、発展したいなら、中国から離れられないです。トレイこの図はやはり経典的で、この年代に置いて、V神のこのようなランクの。開発者は中国のある機関がドアをノックするのを怠けているはずです。今のACを見てください。中国のどの機関がノックしてくれますか?中国語も勉強しています。Kを歌ってくれますか?トレイビットコインが正式に市場になったのは2010年以降のことです。2010年以降の10年近くの間に、実はこの市場はずっとアジア人が主導していますが、この歴史は2020年にはオリンピックが中止されました。この取引所のビットコインの残高の動き図はこの歴史の一つのはっきりした描写として計算されます。トレイ(青い線は北米取引所、オレンジ線はアジア取引所)2020年から、ビットコインがアジア取引所から北米取引所に流れる傾向が加速していることが明らかになりました。近い将来、この差はますますひどくなる見込みです。そして、皆さんの体験の中で、アジア人の市場主導力はもう及ばないと感じられます。前はもう「ない」とも言えるようになりました。良いことではないでしょうが、歴史の流れは今年に入って確かに変わりました。今後10年間は意外にもアメリカ人が主導した10年間で、過去10年間は見たことがない。ビットコインはどこに行きますか?どうやって行けばいいのかは分かりません。しかし、過去10年よりはいいでしょう。少なくとも私がコメントエリアで見たのは楽観的な評価です。トレイ2020年に多くの歴史を目撃しました。ビットコイン愛好家なら、このこともあなたの歴史変更リストに入れるはずです。中国人が10年間主導して、アメリカ人に変えて10年間主導しました。もっと良くなりたいですね。もちろん、もっと良くならないと、アメリカ人の問題です。ビットコインの問題ではありません。トレイ.