Image for post

IOSTプラットフォーム(テストネット含む)を使った、日本でのプロダクト開発を紹介します。環境構築やスマートコントラクトの技術的な質問には、IOSTプラットフォームのエンジニアがサポートします。

IOST公式日本語ツイッター: https://twitter.com/iostoken_jp

2019年3月リリース
研究開発用ブロックチェーンゲーム
Crypto Ninja(クリプトニンジャ)

2018年イーサリアムプラットフォームで登場したフルチェーンのDappゲームです。イーサリアムでは8つのスマートコントラクト、IOST版では4つのスマートコントラクトで記述されています。

Image for post

Image for post

CryptoNinjaはゲーム本体を全てブロックチェーンで管理して、忍者と城の攻撃や防御の履歴も全てトランザクションとして記録しています。このアイテム履歴が新たなデジタルアセットの価値につながる点が他のブロックチェーンゲームとの差別化になるように設計されています。

クリプトニンジャIOST版リリース!

CryptoNinjaの遊び方はとても簡単

medium.com


2019年8月実証実験実施
活動時間を価値に変える
POTAL(ポータル)トークンエコノミー

鹿児島県大島郡の与論島を舞台に、島のひと、観光客、お店の人たちが参加して、ブロックチェーンを活用した、地域やコミュニティー内で流通するブロックチェーン技術の独自のトークン回る経済圏を運用しました。

島のエコノミーにとって、自然や文化に対してプラスなことをすればトークンが手に入る仕組みです。例えば、自然の風景を写真で撮ってSNSに投稿するだけでトークンを貰えます。また、島のゴミ拾いをしてくれた方にもトークンを配りました。ゴミ拾いが始まってから終わるまでの時間の計算をして、その時間分のトークンを付与するように設計をしました。

Image for post

Image for post

PHIチーム、鹿児島最南端の"ヨロン島"でトークンエコノミーを実証、IOSTブロックチェーン・プラットフォームを活用

ヨロン島トークンエコノミーの参加者 島内外:約30名 商業施設:5店舗(スーパーマーケット、居酒屋、民芸店、カフェ、マリンスポーツ) 協力:一般社団法人 ヨロン島観光協会、株式会社Radix、株式会社PHI 与論島 ...

prtimes.jp


2019年11月開始ー2020年3月終了
長野県富士見町でのブロックチェーンを活用したP2P電力取引の実証実験

このプロジェクトでは、太陽光パネルによる電力の発電家と需要家間における電力取引を模擬的に行い、利用者の負担やユーザビティとインセンティブやビジネスモデル、技術的な課題について検証しました。

2019年11月14日に長野県富士見町で、町長が出席のもと関係企業、IOST財団の共同創業者CTOが参加する記者会見を行いました。

電力コンサルティングelDesingがプロジェクトの企画実施を行いました。

Image for post

Image for post

長野・富士見町 ブロックチェーンで電力取引試験

長野県富士見町や地方創生事業を支援するelDesign(エルデザイン、東京・港区)などは14日、「ブロックチェーン(分散型台帳)」と呼ばれるネット技術を使った電力の取引試験を2020年2月から始めると発表した。同町の需要家と発電者との間で模…

www.nikkei.com


2020年6月試験導入
ブロックチェーンを活用したデジタル投票
GUILD VOTING(ギルド投票アプリ)

ブロックチェーンは現在実装可能な、データの透明性と改竄されていない(されない)ことを限りなく保証する、技術であると考えます。 GUILD VOTING は、約5,000人の党員・サポートメンバーが、組織と政策提案を一緒に考え共に作っていくことをサポートします。

Image for post

Image for post

ブロックチェーン技術を活用したデジタル投票GUILD VOTINGを"参政党"が導入、集団意思決定への参加率向上と迅速化を目指す、株式会社 PHI が開発

集団的意思決定のプロセスにおいて、主体である組織とそれに属する個人が、満足感をもって参加できるフレームワークが必要です。投票の結果が直接に集団意思の合意になるのではなく、合意形成への重要参考データまたは要素のひとつとして機能することが求めら…

prtimes.jp


2020年6月プロジェクト開始
ヘルスケア領域におけるブロックチェーン
Pracs(プラクス)健康管理手帳

プロジェクトでは、医療データをデータ保有者である患者に既存のプラットフォームでは実現できないレベルの保証とデータの有機的な活用を実現するシステムの構築と検証を行います。患者と医療情報の提供者は、健康管理データの共有とプライバシーの保証の恩恵を受けます。

大学発メディカル・ヘルステック プラクス株式会社とのプロジェクトです。2017年 近畿大学の学生起業支援プログラムで設立、大学の知財を用いた医療系のアプリケーションソフトウエアを自社開発しています。

Image for post

Image for post

IOST財団、大学発ベンチャー、メディカル・ヘルステック"プラクス"と協定、健康管理記録のヘルスケア領域におけるブロックチェーン技術の活用

精密医療や患者ケアのデータ管理ためのブロックチェーンテクノロジーの研究開発は、今後数年間で増加し、2025年までに14億ユーロ(約1,700億円)を超えると、Global Market Insights Inc ...

prtimes.jp


IOSTプラットフォームでの開発実績をもつ企業

エバーシステム 株式会社 https://eversystem.co.jp
エンターテイメント領域でのブロックチェーン技術を応用したアプリケーション・サービスを設計開発する。自治体、エネルギーコンサルティング企業が参加するブロックチェーン技術を使った電力取引の実証実験に参加。Hyperledger Fabric、イーサリアム、IOSTプラットフォームでの業務レベルの開発を行う。

株式会社 PHI https://phi-blockchain.com
ブロックチェーン技術の社会実装を目的とした近畿大学生(修士過程学生含む)が設立したスタートアップ。大学でのブロックチェーン技術の理解の普及・ハッカソン/イベントの実施、複数の自治体とデジタルトラスフォーメーションによる地位活性プロジェクトを行っている。