米国が大統領に選ばれ、民主党のジョセフ・バイデン氏が現地時間2021年1月20日、国会議事堂で第46代大統領に就任することを宣誓します。新華社通信によると、米国の大統領の権力交代が間近で、全米が待ち構えているという。2021年1月6日に発生した「国会山騒動」以降、米首都ワシントンは非常事態に突入し、多州の首府も警戒を高め、安保対策を強化している。
PeckSheld
国の极右翼组织が仮想通货资金を受け取って、米国全国放送局のニュースチャンネル(NBC News)によると、米连邦捜査局(FBI)は他の政府や组织、あるいは个人が「国会山暴乱」の参加者に援助を提供しているかどうかを调べている。米メディアによると、FBIは50万ドルのビットを確認しているという。貨幣を寄付する。この寄付は、人が暴動の前月(2020年12月8日)に「国会山暴動」に参加する極右翼運動のキーパーソンに回るものです。贈与者は2020年12月8日、BTC 30枚(合計572,490ドル)を23アドレスに転送すると盾が追跡した。寄付者は30枚のBTCを23の住所に転送します。ヤフー財経報道によると、このお金を受け取った極右翼組織のメンバーは米国の保守派政治評論家のニック・フォーンズ氏を含みます。彼は今回の寄付の最大の受益者で、13.5 BTC(契約250,000ドル)を受け取りました。CoinHolmeによるとs追跡によると、ニック・フォーンズは2020年12月17日にこの金額を転出します。ニク・フォーンズは2020年12月17日に資金をCoinHolmesのデータによると、一部の極右翼組織のメンバーは資金援助資産を受け取った後、資産をCoinbaseなどの取引所から流出させます。仮想資産がCoinbaseなどの取引所から流出したということですが、2021年1月6日の「国会山暴動」の日には、多くの極右団体のメンバーが出席して暴動に参加しました。この中には、ニク・フォーンズ氏、エッセン・ラーフ氏などが含まれていますが、ニック・フォーンズ氏は暴動参加を否定しました。これに先立ち、PeckSheldセキュリティチームが発表した「2020年度デジタルマネーロンダリング研究報告」によると、2020年以来起⽙論は詐欺、攻撃、恐喝、賭博などの⿓産か、マネーロンダリング、ランニングなどの灰⽙産業か、仮想通貨を使うのがトレンドとなり、特にテロ組織は仮想通貨分野への融資を開始し、その活動を支持する。デジタルマネーが大衆の視野に入るにつれて、暗号化資産の闇に関わる問題、テロ問題に関わる問題はすでに軽視できなくなりました。FATF、FBI、米国司法部及び各国の監督管理組織はこの分野に介入して資産安全管理を行うことを試みています。これと同時に、頻繁にコードを追加する政策と、より深刻な暗号化の世界の関与、テロ問題は、デジタル資産取引所のデジタル資産の統合を強化するために、逆を余儀なくされています。PeckSheldは、新型の仮想通貨に対する監督プロセスと技術⼿段のみが普及し、仮想通貨による灰産、マネーロンダリング、恐怖融資が打撃と抑制されると考えている。train.