熊市のことを覚えていますが、社会群ではよく表情包を伝えます。その内容はもう成熟したビットコインです。自分でディスクを引くことを学ぶべきです。今、全世界の株式市場は集団ダイビングをして、美しい株の犬の足のビットコインの膨張するのが気にしないでくださいと比喩されます。かつての子供はとうとう成長しました。このビットコイン白書が発表されて12周年にあたり、一人前になることができます。
オーケーの契約の多さを見ましたが、意外にも指弾される0.7まで来ました。この数値はかつてパニック状態だった5000点以下しかないです。今はどこから鉄の山ができているのか分かりません。グレースケールで買ったり、上場企業が買ったり、ツイッターCEOが買ったりして、これらの情報が毎日円圏で爆撃されていますが、なぜ目に入らないですか?一番多いのは、何も知らないニラではなく、独りよがりの達人です。ニラたちにも、畏敬の念があります。自分の操作。
「株が落ちたら、ビットコインは必ず下がる」「ビットが上がったら、主流の貨幣は必ず値上がりする」というように、これらの円圏に詳しい順口溜を見ると、これは主力の仕掛けた落とし穴かもしれません。2年余りの熊市で個人のために培った取引習慣で、人々が不自然にそれに対して依存するようになります。
ビットコインはある意味ではもはや貨幣圏の私財ではなく、貨幣圏も次第に特貨との価格決定権を失っている。今年はいくつかの伝統的な金融大手に見込まれた後、街の周りの大きな屋台から飛び出して自分をミシュランの五つ星レストランのメニューに陳列して、より高級なお客さんに選んでもらうことができます。もしかしたら、私達はかつての熊市の思惟から抜け出して、1つのビットコインと貨幣圏に適応してだんだん分裂する過程をマスターします。学習の心を維持して、その時に世界が変わってはいけません。調査をします。主流貨幣はいつ円盤の歩みについていけますか?トレイ.相場面:

BTCこの数日間の相場は全体的に見て、28日の高値から下落した後、小さいレベルの二重底の形態を歩いて、その後反発する力は限られています。しかし、その後の非常に不思議な取引が相次いで現れて、技術分析を無視して、市場環境を無視して、機関が出資したことを解読するしかないです。あるいは主力は次の大きな棋で、その山を美株に従って空虚な単を全部爆発させます。日線のレベルから見ると、上昇傾向は続いていますが、言及すべきは周回線です。もともとは長陽が伸びた後、途中で何日か下落して上影線を引いてしまいました。結局、接収線が近づいた時にまた戻ってきました。この来週の線の形も綺麗になりました。
ETH:全体的には円盤との連動が緊密で、日線レベルは上昇箱の下側にあり、圧力レベルは390である。
主流貨幣:今は形の分析もあまり意味がないです。少しですが、長い周期で見たら、為替レートの下落傾向は破れていません。円盤が幅を広げて整理し続けるなら、主流全体が下がるかもしれません。
TRX孫さんはまた、上限なしでOKの波場系貨幣を引き受けたと発表しました。今はTRXを見ていて、確かに硬直しましたが、孫さんの内容から見れば、彼は両替待ちの方式と時間がありません。だから、みんなはやはりもっと細かいところから出てきます。train.