作者:陳暁華は北京郵電大学国家大学科学技術園金融科学技術研究所所長、中国移動通信連合会ブロックチェーン専門委員会主任委員
、今回のビットコインが爆発的に上昇し、さらには4万ドルを突破した主な原因は4つあります。まず、ビットコインは2008年の米国のサブプライムローン危機の際に発売されました。時間が経つにつれて、彼の生態はすでに完全になりました。投資者も様々な合法的なルートでビットコインを買うことができます。ビットコインの掘削能力も徐々に安定しており、技術的な理由により、その総量は2100万枚に抑えられており、超発と乱発現象が発生しなくなり、インフレを根絶することができます。また、ビットコインは多くの権威機関に認められており、金融機関や投資業界の著名人がビットコインを大量に購入している。TIMEOUT}資本取引または仮想通貨の使用は、その多面的なリスクを考慮する必要があります。
一、「違法」リスクは、金融秩序と国家のマクロ金融政策に影響を与え、さらに衝撃を与える可能性のある特殊商品として、ここ数年来、我が国の政府部門は仮想通貨に対して徐々に管理と規範化に力を入れています。特に、インターネットブロックチェーン技術によって生成されたビットコインは、一部の国でビットコインの貨幣性質が認められた後、中国人民銀行、工信部などの金融監督管理部門とインターネット監督部門は、依然としてビットコインが他の仮想通貨と同じ特殊商品であることを明確に規定しており、仮想通貨リスクを防止することを強化しなければならない。
二、「安全」リスクは、仮想通貨の発行と取引と使用はネットワークから切り離せないが、仮想通貨を発行するビジネスサイトは、堅くならない可能性があります。交易者は、その背後にある安全上の危険を意識しなければならない。サイバーセキュリティの脅威は主に3つの方面から来ています。外部攻撃、システム障害及び内部人員の過失または破壊です。
三、「偽札」のリスクは、世界各国の通貨は、金属通貨でも紙幣でも、偽造、偽造のリスクが潜んでいます。現実には、人民元の偽造、変造事件が頻繁に発生しています。有形の貨幣は偽造、偽造されてもよく、無形の仮想通貨はその開源性、隠匿性が同様に偽造、偽造される可能性があるため、「真実性を保つ」リスクも仮想通貨の無視できない現実的なリスクである。
四、「機密を失う」リスクは、仮想通貨がその無形の優勢のためにより、より良い秘密保護性能を有しているが、同時にインターネットの開放性は、仮想通貨発行単位、取引プラットフォーム及び仮想通貨使用者に上述の詐欺、偽造リスク及びこれによって単独またはパートナーをもたらしている。発生する機密漏洩リスク。この方面のリスクにはロットの機密漏洩リスクと個別の機密漏洩リスクが含まれています。
5、「主体」リスクは、商事主体が企業法人として正常なライフサイクルを持ち、解散、破産、合併再編などの法的リスクもあり、これらは仮想通貨システムと仮想通貨業務に大きなリスクをもたらす。
六、「切り下げ」リスクは、企業の商業信用を発行することを基礎とし、各国の通貨当局により基本的に特殊商品と定められ、法定通貨と連結してはいけないと要求され、通常も法定通貨と双方向に両替することができない。このような一方通行の制度配置は、法定貨幣アンカーの安定作用に乏しく、市場操作が容易に起こり、仮想通貨の価格が過度に変動することを招き、「切り下げ」は仮想通貨の重要なリスクの一つとなっている。
七、「マネーロンダリング」リスクは、たとえ仮想通貨が特殊商品として定義されていても、このような特殊商品は一定区にあります。地域や範囲内では、通貨の代わりに、価値尺度、流通手段、支払手段機能を実行することができます。また、金融機関や通貨と一緒に生まれたマネーロンダリングリスクも仮想通貨システムの中に存在します。また、仮想通貨は、取引の無形性と匿名性、利用範囲の広い範囲、資本注入方式の多様性、現金獲得の可能性、サービスの分割性、取引の迅速性、取り消し不能性、仮想通貨でのマネーロンダリングの識別の難しさ、取引モードの複雑さなどの特徴があるため、マネーロンダリングリスクが比較的高い。
8、「知る」リスク、仮想通貨は特殊商品であり、仮想通貨を使うことは特殊な消費行為であり、消費者権益保護法などの関連法律の規範を受けなければならない。知る権利の観点から、仮想通貨発行者と取引プラットフォームは、仮想通貨使用者の知る権利を保証し、仮想通貨の基本的な知識を把握し、仮想通貨使用の基本的な手順と操作の要点を理解し、仮想通貨の発行者と取引プラットフォームが必要な提示義務を果たさない場合、消費者権益保護法の違法義務を負うことになり、深刻な場合は詐欺を構成する可能性もある。(著者の陳暁華は、北京郵電大学国家大学科学技術園金融科学技術研究所所長、中国移動通信連合会ブロックチェーン専門委員会主任委員)trn.