ゴールドマン・サックスの元幹部、ヘッジファンドマネジャー、Real Visionの創始者Raoul Palによると、ビットコインの価格は1年以内に上昇するという。トレイ彼はCointelegraphのインタビューによると、ビットコインの最近の上昇は機関投資家主導の牛市場の開始にすぎないという。彼は2021年11月までに、ビットコインは15万ドルに達すると予測しています。これは最も保守的な見積もりです。ビットコイン市場に資金が大量に流入しているため、ビットコインは25万ドルにも達する可能性がある。
Pal機関資金の入場は今年のビットコインの上昇で、2017年のバブルの暗号化とは根本的に違っていると考えています。当時、暗号化されたバブルは主に個人投資家によって推進されました。彼はまた、ビットコインのほとんどの供給は現在PayPal、Square、Greeyscaleによって購入されており、供給が緊張していると述べた。ビットコインの最近の価格が高騰している触媒です。
Palマクロ経済の面でも特貨に対して有利な要素があると指摘し、「このような需給のアンバランスな市場はかつて見たことがない」と強調した。
新型肺炎ワクチンに関するニュースは経済の迅速な回復の望みを引き起こしましたが、各国政府はまだ経済を維持するために追加の通貨刺激策を打ち出す必要があるかもしれません。Palによると、仏貨の価値が下がるということです。彼はこれらの要因に加えて低金利がビットコインの価格を新たな高値に押し上げると考えています。彼はインタビューで「運命が変わる。他の資産は短期間で5倍、10倍、20倍も上がることができます。」
「比推」によると、Palはこれまでも市場価値が最も高い暗号化通貨のビットコインが2025年には100万ドルに達する可能性が高いと予測していた。彼は今後数年間に「巨大な資金フロー」が流入すると考えています。
短期的な市場動向を見ると、Palはビットコインが最も遅く、来年初めには過去最高を更新すると考えています。train.