日本では、現金による支払いが根強く残っている。しかし、欧米に目を向けてみると、キャッシュレス化が進んでおり、日本は一歩以上遅れた支払い方法に固執しているように見える。実際にブロックチェーン技術が各業界に採用されつつあることを考慮すれば、危機的な状況に陥ることは簡単に予想可能だ。

 

そして、GMOはステーブルコインであるGMO Japanese YenGJY)を発表しており、日本の仮想通貨の立ち位置を大きく変える可能性を持っている。

 

・熊谷氏が語るGMO Japanese YenGJY)の可能性

簡潔に言えば、熊谷氏はGJYをインターネットにおける有用な決済手段の1つになり得ると見ている。円が安定した価値を誇る法定通貨であることに加え、GMOグループとしての実績や安心感から、テザーのような大きな不安は皆無と言っていい。

 

つまり、GJYは日本円と等価となるステーブルコインとして人気を集める可能性を有している。同時に、日本企業による独自の仮想通貨はいくつも発表されているが、具体的な計画やテストを行っている企業は非常に限られる。

 

また、決済に使用できる仮想通貨の種類は、非常に限られているのが現状である。その理由は、特定の仮想通貨をアプリなどの使用によって認識させなければならないからだ。その点においては、GMOは開発力もあり、仮想通貨事業にグループとして力衣を入れていることから心配はいらないだろう。

 

もっとも、日本円と等価となるステーブルコインの発行は可能であるものの、日本での導入は後になる可能性もある。数年で仮想通貨市場に悪影響を与えるような出来事が立て続けに起こっていること、金融庁の審査や管理が追い付いていないこともネックと言える。

 

GMOが発行するGJYは、まずはアジアでの流通を目指すことになる。各国の法令に合わせ許可を取る必要があるためだ。GJYが日本で使用可能になるまでには長く時間を要する可能性もあるものの、画期的なステーブルコインとなり得る可能性を秘めている。その為、今後もGMOグループの動向は要注目だ。