仮想通貨は、価値の上下のみに注目されがちだ。しかし、仮想通貨の役割としては決済機能だけでなく、ブロックチェーンの機能によるデータ共有や個人認証など、今まで煩雑な手続きを経た上でしか手に入れなかった書類を手に入れられることにある。

 

また、契約等に関してもブロックチェーン上にデータを残すことによって契約を取り交わすことが可能だ。その上で、今回IMF のラガルド理事は、仮想通貨を含無デジタル通貨は、既存の銀行のシステムに対して影響を与えているのは確かだと述べた。

 

例えば、国際送金に関しては、今のままでもSWIFT の金融機関の提携すんの多さからすれば、仮想通貨のプラットフォームに追い抜かれることは考えにくいだろう。しかし、仮想通貨には技術面で既存のシステムを追い抜くメリットが確かに存在している。

 

規制を無視した上でブロックチェーン技術が使用されることをにはラガルド氏も危機感を抱いているものの、しっかりとした規制の上でブロックチェーン技術が使用されることには問題がないと言えるだろう。また、ラガルド氏は既存のシステムを揺さぶりすぎて安定性をしないようなイノベーションであればいらないとも述べている。

 

仮想通貨のメリットである分散型の記録台帳は、仮想通貨のシステムによって大きく異なる。加えて言えば、必ずしも安定したシステムではないものも多く、致命的なバグが起きた際に取り返しがつかない事態になる可能性も少なくはない。

 

加えて言えば、様々な専門家が発電しているように中央銀行によるデジタル通貨の発行の可能性はどこの国でもあり得る。そのため、デジタル通貨の発行に伴うリスクと変化を享受する土台を早急に整える必要性があると言えるだろう。その上で、仮想通貨の技術が新しいサービスやテクノロジーにつながっていることは否定できない。

 

今後、法定通貨とデジタル通貨のあり方は大きく変化していく可能性がある。理由としては中央銀行によるデジタル通貨の発行だけでなく、仮想通貨市場でも法定通貨とペッグしたステーブルコインに人気が集まっているためだ。人々のニーズとして法定通貨とを同様の安定感を持つ仮想通貨が求められており、今後もそういった通貨が非常に高い人気を集めることが予想される。