昨日、中央銀行は「中華人民共和国中国人民銀行法(改訂案意見募集稿)」を起草しました。その中の第二十二条の規定はどの単位と個人も貨幣券券と数字の貨幣を作ってはいけないと規定しています。人民元の代わりに市場上で流通しています。この言葉は市場の大きな討論を引き起こし、国家の鉄拳がまた到来することを解読する人もいます。DCEP以外のデジタル通貨を封殺して、まずOKを持って旗を祭ります。特别な时期に何かがあったら、个人のパニックを起こしやすいです。それは偶然にもOKと冲突します。円盤の価格を見て、夜明けの小幅を除いて、また元の位置に戻りました。この現象も、現在のビットコインの価格決定権は国内ではなく、少しの風当たりが現在の市場の動きに影響を与えにくいと説明しています。一方、意見募集稿の中のこの内容は以前の政策の複製にすぎないので、国はもともと国内の主体が証券の性質を持った数字を発行することを支持しません。ドルは、多くのチームが海に出るか、積み立てをして包装していますが、ビットコインのように、さらに監督や取り締まりの必要がないので、取り締まりができません。大きな環境から見れば、この意見募集の原稿は更に中央銀行版のデジタル通貨が登場した後の一連の法制環境を改善するためで、その目的は貨幣権を独占することにあります。幸いビットコインはあまり落ちていません。千余りのナイフを飛び込めば、どんな音が出るか分かりません。
しかし、OKはまだそんなに幸運ではありません。8%オフの場外USDT価格と血が戻らないOKBを割ってしまいました。個人経営者たちが慌てるだけではなくて、それらの取引の大家や商人たちはもっと慌てます。時間が長くなればなるほど、パニックがひどくなります。微信群、微博が伝えているいくつかのOK担当者の表現から見ると、幹部たちはまだ明確な解決方法を持っていません。何の問題も解決できないと引きずっていると、かえって事件の深刻さがひどくなる。資金コストがある人やお金を急いでいる人にとって、Uを割引するのは今のところ唯一の方法です。調べてみます。もしOKでお札を開けたら、引き続きOKに残しますか?この結果は将来の取引所の構成、さらにはOKBの市場推定値にとって極めて重要である。
相場:

BTC相場は現在行き詰まりに陥っています。一昨日、長陽の引き上げを分析した後、数日間行って整理するのが基本操作です。日平均線では依然として多頭配列の相場ですので、13 Kを賭けて空回りしないでください。これまでの経験から見れば、長陽が昇った後、後の整理相場が小刻みな陽線で上昇すれば、これからも引き続き高くなる見込みです。現在のところ、日線は十字星で終わり、短期市場にはまだ多くのギャップがあることを示しています。短期相場の行方。
ETH日の線のランクの突破の形態はすでに出てきて、現在正常な踏んだことに属して、続いてそれあるいは餅の1つを見てリズムを持ってきて、次の目標の高い場所は440にあります。
BCH首のラインの位置284までまだ十数本のナイフの差があります。300の上に見える見込みがあります。もし餅は近いうちに整理し続けて、突破できないなら、分岐前の価格もこのようになります。今のところ、各大手取引所はBCHの分岐に関する情報がありません。どのように処理するか分かりません。つまり、11.15の分岐に近く、危険を避ける傾向があります。
LTC:動きが強く、首から64の距離が遠いです。突破できなくても、大きな攻撃距離があります。
DOT:圧力位4.5、突破後の上げ幅は拡大する見込みです。
OKBお札を持っていない時間が長くなればなるほど、価格はだんだん下がります。train.