TIMEOUT}TIMEOUT}ECの結果は何ですか?過去のケースから見ると、主に二つの結果があります。
▌プロジェクトがストップしました。融資を全額返済し、そして罰金
。一番典型的なのはTelegramです。
2.29年Telegramは200人未満の私的な募金によって10億円を融通し、10月末にトークンGramを発行する予定です。SECが一足先に、10月12日にTelegramを告知しました。最終Telegramは投資家に12億ドルを返還し、1850万ドルの罰金を支払うことで合意した。
▌プロジェクトは継続して実行します。罰金和解
例えば、おなじみのEOSとXTZの2つの案件です。
彼らはSECに登録されていない証券だと告発されましたが、最終的には「和解金を使って平安を買う」と言われて、それぞれ2400万ドルと2500万ドルを納めました。の罰金を科します。
瑞波の属性はこの二つの暗号化された貨幣と似ていますので、今度はやはり「交点罰金」で終わるかもしれません。全体が取り消される可能性はあまりありません。

SECプロジェクトの基準は何ですか?
020年、SECは貨幣圏に対して頻繁に「狙撃」しました。
「次は誰ですか?」を分析する前に、まずSECの「やる」プロジェクトの基準は何ですか?
▌1.証券
かどうかは、最も基本的な判断基準です。つまりSEC管はこれです。
現在の市場では多貨幣で、SECはビットコインとエーテル坊は証券に属さないと考えています。他の暗号化されたデジタル通貨に対しては明確な態度を示したことがありません。私が見たICOは全部証券です。2018年Q 1、ICO募金金額は63億ドルに達しました。我々は金融市場法規を遵守したことがなく、SECは監督管理する権利があります。ビットコインについては、SECの監督の範囲内ではなく、支払い方法です。——SEC元会長のジェイクライトン・エーテル坊が最初に発行した方式はICOですが、現在はイーサネットが中心化されていて、もう一つの中心化された第三者によって運営されません。したがって、証券発行の特徴を持つ参加者集中型ではない。——SEC金融部門の主管者ウィリアム希曼
▌2.中心化の程度
SECからエーテル坊が証券でないと判定された理由については、暗号化された貨幣の中心化が高いほど、SECに証券と判定される可能性は低いと結論付けられます。
一方、SECが提訴する暗号化された貨幣は必ず中心化された発行元が必要です。そうでないとSECには手を下す主体がありません。
▌3、影響力
加TIMEOUT}裁判の外で和解する。Tran.Telegramは29億円のトークンを発行しており、そのうち10億円は米国投資家に売却され、米国市場に大きな影響を与えている。だからSECは必ず緊急停止します。
▌4、取り扱いの難易度
最後に命中率を求め、時間コストを考慮する。
SEC組織でもあります。KPIとパフォーマンスがあります。プロジェクトをやってから三、五年ぐらい延ばしたら結果が出ると思います。
だから、プロジェクトの取り扱いの難しさも判断基準の一つです。これもなぜ最初の統計リストの中で、SECが有名ではない項目をたくさん処罰したかを見ました。トレイ次はどの貨幣が一番危険ですか?トレイ.▌USDTRA.監督といえば、多くの人の第一反応はUSDTです。
しかし、米国はブロックチェーンの監督管理に関して、関連するマシン結構多いです。一つのSECだけではないです。

USDT安定貨幣として、証券として定義されるのは難しいです。だから、SECの次の目標にはならないかもしれません。また、USDTを管理できる監督機構は、実はFinCEN(金融犯罪法執行ネットワーク)とCFTC(商品先物取引委員会)です。
前者は、USDTがFinCENに登録され、監視を受けています。
後者、USDTは2017年にCFTCの伝票を受け取ったが、発行に影響はない。このように見ると、USDTはかえって安全です。
▌波卡DOT
波カードはこの間に暴騰しました。市価ランキングはTop 8まで上昇しました。注目度はぐんと上がっています。トレーン.鑑おじさんが調べてみました。波卡の背後にあるWeb 3基金は主にスイスにあります。目的の運営と生態の発展は全世界に広がっています。主要な米国ではありません。
しかし、波カードの問題は前に三輪募金がありました。総金額は2.5億ドルに達しました。ですから、まだ一定の確率で監督されます。トレイ.▌LINK
Chilinkセンター化の預言機を作ったのです。2017年に3200万ドルの融資がありましたが、その後2年間寂しくなりました。2019年になってから急に爆発しました。現在の市場価値ランキングのトップ9は、影響力が大きいです。
そしてChanlinkの背後にある主体会社SmartContractは各ノードを制御しています。中心化が深刻です。それにこのSmartContractはまだサンフランシスコにいます。
その次に、LINKの総量は10億、ICOは3.5億個を売りました。採掘奨励は3.5億個です。残り3億個はチームの所有になる。
020年の中で、チームの住所はずっと出荷しています。90日間で一連の貨幣洗浄の操作で400万個を売りました。利益は6000万ドルぐらいです。
Zeus Capitalの報告によると、LINKチームはすでにドル売りで1億ドル以上の利益を得ているかもしれません。この点は瑞波元と同じです。だから、鑑おじさんはLINKがSECに狙われる確率がとても大きいと思います。
▌恒星幣XLM
恒星幣は最初に瑞波協定に基づいて作成されましたが、その後分岐しました。二つの貨幣は位置づけにしても技術にしても非常に似ています。そのため、今回はSECが恒星を「手に入れる」可能性が高いと考えられています。
しかし、恒星の背後にある主体は恒星発展基金であり、非営利組織であり、主に寄贈及びXLM発行総5%の量で運営コストを支払う。
トークンの割り当てでは、星の貨幣の95%は無料で発行されます。
だから中心化の程度に関しては、恒星元のほうがいいです。また、ADAは主に日本で運営されていますが、当初はICOの融資金額が多かったため、一定のリスクがありました。議論の声が高い孫宇晨の波場は、現在は17位まで値下がりしています。影響力は一般的で、逆にリスクは高くありません。トレイ鑑おじさんがSECをまとめたのはワニのようです。ほとんどの時は水面に浮かんでいる杭のように動かないです。train.しかし、ターゲットをロックし、確実な証拠を把握すると、それは大きな口を開けて、致命的な打撃を開始します。

SECすでにいくつかの暗号化された貨幣を虎視眈々と狙っています。2021年には一躍、奇襲が起こります。Top 10にいますLINKが一番危険だと思います。
次はLINKかどうかはSECの動きに注目し続けます。train.