概説本文は主に2011年8月から現在までのビットコインの日Kラインの動きを経て、統計的な分析方法を用いて、大きな変動の周期と振幅の法則、変動率、自然回帰、トップの特徴、熊市の特徴、底部の特徴、横盤の整理、後市の推演などの価格運動の特徴をまとめました。ビットコイン投資愛好家の分析に参考を提供する。本論文の内容は分析と研究の検討だけで、投資の提案と意見を構成しない。周期と幅トレイ図1の上図はビットコインの日K線の動きに基づいて抽出された反応の大きな変動のBTC価格の動きのグラフです。より良くするために、反応価格の動きの傾向をグラフに記録し、各変動が終了するまでの持続時間をグラフに記録し、単位は日であり、青色のデータ点で記録し、持続時間の縦軸は二次座標であり、グラフの右側に表示される。上の図からわかるように、2013年までビットコインの価格は20ドルで運行されています。以下です。価格運動の持続期間は20-115日の範囲で、変動は比較的緩やかである。2013年1月8日から2013年4月10日までの間に、大きな上昇が始まりました。上昇幅は1595.85%(図3参照)で、92日間続いています。2013年以降2017年4月16日までの63回の大きな運動のうち、46回の運動継続時間は30日以下で、73%を占めています。30日間以上の大きな運動の中で、重要な上昇運動は2013年1月8日~2013年4月10日に発生しました。上げ幅は1596.86%と2013年10月13日~2013年11月30日で、上げ幅は752.27%となりました。2014年4月16日~2014年6月3日で、累積利得は71.01%となりました。2015年1月31日~2015年3月12日で、上げ幅は36.14%となりました。月14日から2015年7月12日にかけて、43.91%の利得があった。2016年9月3日から2017年1月4日までの累計利得は74.34%であった。2017年1月11日から2017年3月3日まで、65.21%の利得があった。つまりこの期間は、毎年1回か2回しか持続しない30日以上の大幅な上昇傾向です。30日間以上の大きな運動の中で、重要な下落運動はそれぞれ2014年1月6日から2014年4月10日まで行われ、累積的な減少率は-81.62%であった。2014年6月3日から2014年10月4日まで、累計マイナス58.67%であった。2014年11月13日から2015年1月14日まで、累計マイナス71.65%であった。累計下げ幅-24.64%2014年と2015年の大トレンドの下降期において、3回の大幅なサイクルの下落機会が発生しました。トレイ図2は図2に示すように、2017年4月16日終値が過去最高を更新して以来、今年5月6日までのビットコインの重大な価格動きのグラフである。この段階の価格運動は2013年前と2013年から2017年4月16日の段階と比較して、価格運動がますます頻繁になっている傾向を示しています。この段階の80回の大きな運動のうち、64回の運動が20日以下で、80.0%を占めています。残りの16回の価格運動の中で、継続期間が30日を超えたのは8回だけです。これは再びビットコインの変動が頻繁で周期的に短い投機的特徴を反映した。20日間以上続く重大な運動の中で、重大な上昇運動は2017年4月16日から201日までそれぞれ発生します。7年5月25日、108.21%の利得があった。2017年9月27日から2017年11月8日までの累計利得は67.71%であった。2017年11月12日から2017年12月17日までの累計利得は226.42%であった。2018年3月30日から2018年5月5日までの累計利得は39.65%であった。2018年6月28~2018年7月24日の累計利得は39.95%であった。累計の上げ幅は55.32%で、2019年6月4日から2019年6月26日までの累計の上げ幅は65.72%で、2020年3月12日から2020年5月6日までの累計の上げ幅は86.31%であった。20日間以上続く重大な運動の中で、重大な下落運動はそれぞれ20日間に発生しました。18年1月6日から2018年2月5日までの累計下げ幅は-59.92%で、2018年3月5日~2018年3月30日の下げ幅は-40.01%で、2018年5月5日~2018年6月28日の累計下げ幅は-46.01%で、2018年11月13日~2018年12月15日の下げ幅は-49.22%であった。2019年7月9日~2019年7月29日、マイナス24.44%、2019年8月8日~2019年8月29日、マイナス20.81%、2019年9月3日~2019年10月23日、累計マイナス32.87%、2019年11月7日~2019年11月24日、マイナス24.9%となった。2020年2月15日から2020年5月6日までの累計下げ幅は-52.85%である。上記の統計データは文末原をご参照ください。データを添付します。いずれにしても20日以上、30日より継続的な価格運動は、最も大きな価格運動に発展し続ける可能性が高いです。重大な価格運動も20日か30日以上続けられます。20日以下または30日未満の価格上昇と下落運動は、しばしば新しい逆方向運動によって中断されます。例えば、2019年6月26日以降のしばしば反発は、新しい下降傾向に中断されます。変動率は下図3に示すように、これまでの重要な下落データを通じて算出された上昇幅は時間とともに変化し、ビットコインの例年の変動状況を反映しています。2014年1月6日までのビットコインの変動幅は非常に大きく、史上最高の2回の変動は2013年4月10日の上げ幅1595.5%と2013年11月30日の上げ幅752.3%にそれぞれ現れ、グラフの美しさのために、この2つのピークデータはグラフの中で10倍の縮小表示を示し、図の中の赤い矢印を参照してください。指示によると、第3回ピークは2017年12月17日の上昇幅の226.42%に現れた。2014年1月6日以降、ビットコインの重大な価格運動の上げ下げ幅はほぼ-50%~50%の範囲であり、市価の増加に伴って変動範囲は明らかに縮小された。50%の上げ下げ幅は契約取引にとって非常に参考になり、レバーを2倍以内に抑えることは、安全であり、極端な場合にのみ、パンクする可能性があります。トレイ図3は、2020年2月15日から今年5月6日までの間にビットコインの極端な変動率が2013年の波動率に近づいており、下落と上昇幅はそれぞれ-50%と80%以上である。自然に撤退してから、私達は注目の重点をそれらの持続周期が10日未満の価格運動に置きます。このような運動は全体の9年余りのビットコインの価格運動の過程を貫いています。大幅な急落や快速反発に伴って、元の傾向を示しています。勢いの継続は、逆転ではない。例えば2013年12月、2017年12月、2019年6月、及び熊市の底部、例えば2014年12月と2018年12月、及び上昇傾向の中和傾向の中、例えば2017年4月から12月までの上昇傾向と2019年6月から今年3月までの下降傾向の中に現れます。上記の分析を総合して、ビットコインの自然な撤退の価格運動の特徴をまとめました。その幅の大部分は15%と20%で、持続周期は10日以内で、文末の原始データの図面を詳しく見てください。トップの特徴2013年12月、2017年12月、2019年7月のトップは全部一蹴したのではなく、トップの確立は形態的な動きによって完成されました。形態内では、巨大な振幅と急速な下振れと快速なリバウンドの動きに伴っています。この三つのトップが確立される前に二回のスピードを経験しました。下振れと二回のクイックバウンスは、もはや革新的な高さではない。トップの取引は非常に活発で、ボリュームが大きいです。熊の特徴はビットコインが非常に短い新しい資産なので、歴史的に二回の長い熊市しか経験していません。簡単な類比をします。2014年熊市は2014年1月6日から2015年1月14日まで続いた。2018年熊市は2018年1月6日から2018年12月20日まで継続します。底に触れる前に三波の重大な下落を経験しました。下落の過程で重要な二次折り返しの動きを含め、牛の短い熊の特徴を示します。底部の特徴2014年熊市底部は2015年1月14日から2015年12月20日まで続いています。171.41ドルから底を揺るがし、461.89ドルに上昇し、169.46%の上昇となりました。同期の2018年熊市底部は2018年12月20日から継続しています。2019年12月30日まで、2019年12月30日現在も底を築いています。3179ドルから7269ドルに上昇し、128.65%の上げ幅を上げました。下の取引の情緒で普通はとても重苦しくて、成約量で萎縮することを表現します。横盤整理は文末の原始データ図に示すように、2011年から2019年12月までの145回の重要価格運動のうち、横盤の動き(H)が38回発生し、上昇の動き(A)が54回発生し、残り53回は下落の動き(D)で、それぞれ26.2%、37.2%、36.6%を占めています。統計的な分析によると、19回の横皿には20%以上の大幅な上昇や下落価格運動が続いています。数年来の大牛市はいずれも長い横断地震であった。動きの中で下準備して作り上げて、だから横盤の動きは上昇と同じに重要で、いわゆる、狩りが上手な人、必ず待つことに長じて、横盤の中で取引の機会を待って狩ることをマスターして、1種の重要な取引の特質です。トレイ図4の実際の動きと後市の推演は、2020年の相場の動きが2016年1月4日から2017年4月16日の動きを完全に再現していると仮定し、その後の動きも同様である。2020年通年から2021年4月16日までは、次の図5の赤いトレンドラインのように動きます。6600~8000ドルを推演する揺れの動きは2020年5月末ごろまで続き、底の部分は徐々に上昇し、半減相場が到来するまで徐々に上昇し、2021年1月には19000ドルの前高を打診する。2021年1月から4月にかけて、新高値付近で大幅な揺れが強まり、2021年3月のピークは21400に達する見込みです。ドル近くです。2020年の実際の動きは全体的に赤いトレンドラインに示されている推演の動きと似ています。すなわち現在の動きは歴史の流れと驚くほど似ていますが、単純に繰り返されているわけではありません。例外的な表現は、2020年初頭に国内外の疫病の影響を受け、世界市場で一時流動性危機が発生し、ビットコインも性暴落に伴い、3月12日にピットを掘る動きが現れましたが、その後急落前の水準に回復しました。図に示すように、現在の実際の動きは歴史を繰り返して13000ドル近くに戻る可能性が高いです。定性的分析によると、重大な価格運動は2021年4月以降に現れ、大幅な揺れの動きを経て、揺れが完了した後、再び上昇し、長期的な上昇チャネルに入り、2021年末には600ドルを試すという定性的分析が行われます。参考までに投資の根拠としません。トレイ図5によると、
013年以降から2017年4月16日までの63回の重大な運動のうち、46回の運動継続時間は30日以下で、73%を占めています。
2.27年4月16日現在の80回の重大な運動のうち、64回の運動継続時間は20日以下で、80%を占めています。
20日以上または30日以上の継続的な価格運動は、最も大きな価格運動に発展し続ける可能性があります。重大な価格運動も20日か30日以上続けられます。
20日以下または30日未満の価格上昇と下落運動は、しばしば新しい逆方向運動によって中断されます。
014年1月6日以降、ビットコインの重大な価格運動の上昇幅はほとんど-50%~50%の範囲にあり、市場価値の増加に伴って、変動範囲は明らかに狭くなりました。。50%の上げ下げ幅は契約取引にとって非常に参考になり、レバーを2倍以内に抑えることは、安全であり、極端な場合にのみ、パンクする可能性があります。
それらの継続周期は10日未満の価格運動です。このような動きは全体の9年余りのビットコイン価格運動の過程を貫き、大幅な急落や快速反発に伴って、逆転ではなく元の傾向の継続を暗示しています。
自然リトレースの価格運動の特徴は、その振幅の大部分が15%と20%で、持続周期は10日以内です。
数年来の大牛市はいずれも長い横盤の揺れの動きの中で醸し出されています。だから横盤の動きは上昇と同じように重要です。いわゆる、狩り上手な人は必ず待つことができます。横盤の中で取引の機会を待つことと狩猟することを学ぶのは重要な取引の特質です。
元のデータ図面(部分)トレイ.