ステーブルコインの数は増加し続けている。Tether 以外にもGeminiが発行しているGeminidollar、USD コインなど使用用途と発行元が違うだけで価値そのものは、アメリカドルに紐づいているものが多い。加えて言えば、アメリカドルだけでなく、日本円などに紐づくステーブルコインなども日本国内で開発されつつある状況だ。

 

その上で、2019年3月26日、TUSD の発行主体であるトラストトークンはTUSD の所有者に対して利子を供養するプログラムの発表を行った。

 

これは、仮想通貨融資スタートアップのクレッドとトラストトークンがだけを行い、クレッドのプラットフォームを利用することで年間最大8%利子を得ることができると言ったものだ。

 

TUSD の所有者は、ウォレットを使用してプラットフォームにアクセスし、TUSD を預け入れるというものだ。TUSD を多く預ければ預けるほど多く論理氏が獲得できるため、他のstable 行為に対して優位性を持つ可能性がある。

 

仮想通貨の預かりサービスは増加しつつあり、日本の仮想通貨取引所でも利子がつくサービスがある。もっとも、現状使用できる仮想通貨が流動性やの高いものであり、その価値が大きく変動する可能性があることから、ステーブルコインに勝る優位性は持っていない。

 

もちろん、ウォレットなどを通して保持しておくことも仮想通貨を資産として扱う上で重要ではあるものの、長期的に保有しておくメリットはない。そのため、預入サービスによって利子がつきわずかでも、保有してる仮想通貨の送料が増えることは利用者にとって大きくプラスとなると言えるだろう。

 

加えて言えば、ステーブルコインに関しては価値の変動性が通常の仮想通貨よりも小さいことがメリットであり、ステーブルコインの機能性に関しては、発行してる企業体が異なるだけで明確な差別化ができているわけではない。

 

もちろん、この先保有しているステーブルコインが様々なサービスで使用できる可能性はあるものの、現状では企業体の営業力や大きさが直接そのステーブルコインの影響力となり得るため、大きな差はない。つまり、今回の利子獲得サービスは他のステーブルコインに対し、大きなメリットを保有していると言えるだろう。