40年以上の実績をもるベテラントレーダー、ピーター・ブラント氏が9日、CNBCの番組に出演した。そこで同氏は、現在のビットコイン相場についての分析を発表した。


ビットコインは550万円への上昇の始まり

ピーター・ブラント氏は、Twitter上でフォロワーおよそ27万人をほこり、株・為替の界隈で有名なベテラントレーダーだ。そのブラント氏が9日にラン・ヌナー氏がホストを務めるCNBCの番組「クリプト・トレーダー」に出演。現在のビットコイン相場について語った。同氏は現在の相場が、2011年から2013年、2015年から2017年に見られた上昇相場の初期段階に似ていると指摘。かこの動きを再現するのであれば、今後ビットコインは550万円へむけて上昇すると説明した。同氏によれば、過去の2回の強気相場ではいずれも放物線上に価格が上昇。前回の強気相場では350ドルから最終的に19000ドルまで価格が上昇したと述べた。今回も同じような動きを辿るのであれば、550万円への到達は「実現可能」と述べている。


2018年の弱気相場も的中

ブラント氏で特筆すべき点は、2018年の弱気相場を見事言い当てたことである。同氏は、昨年1月、ビットコインが200万円程度であったときに、価格が80%ちかく下落すると予想。ブラント氏の予想通り、ビットコインは同年12月の底値まで、同氏の予想通り価格が的中した。そのことを踏まえれば、一見無謀にもみえるブラント氏の予想は注目に値するだろう。ブラント氏は今回と同じ予想を先月、Twitter上でも呟いていたが、CNBCの番組内ではよりその予想に自信をみせていた。