文章/新浪財経意見指導者コラム作家の孫立林
020年4月12日、流行は深圳で落ち着いてきたようです。独立執筆者の李画さんはブロックチェーンについていくつかの問題を討論したいです。長い問題リストをあげました。しばらくは何から話したらいいか分かりません。私はちょうど娘の課外授業を待っていました。二時間の余裕があったので、次のような文章とは言えない答えを手書きで書きました。トレイ李画とよく知っていますが、必ず発表するとは思っていませんでした。多くのことは完全に自分の満足のいく説明をしていませんでした。そこで、今日まで延期して、いくつかの内容を追加して、いくつかの誤字を修正しました。これはチャットの記録で、美名は会話録です。ブロックチェーン、データ、プライバシーについての計算は、インフラストラクチャに関しては、さらに私たちが夢中になっている時代や、明らかで暗い存在の秩序についてです。李画:文章を書いています。インタビューです。個人的には、彼らがブロックチェーンの用途をどう感じるかについて話してください。あなたは以前にも他のインタビューでこの話題に触れました。この話題について引き続きあなたにインタビューしてもいいですか?話したいですか?いくつかの問題を聞きますが、具体的な意味は何ですか?
孫立林:大丈夫です。李画:ありがとうございます。ちょっとお聞きしたいのですが、時間があれば答えてもいいです。
李画:「ブロックチェーンの本当の目的は全デジタル時代の公共インフラになることです。」「ブロックチェーンは金融インフラです。」この公共インフラとは金融インフラですか?それとも後者より広いですか?
李画:はい、大体の問題はあなたが答えた後で、あなたの答えによって問い詰めます。まず、私は今のところよく分かりませんでした。きちんと整理しなければならない問題をトレーンに提出します。李画:Q 1.「ブロックチェーンの本当の目標は全デジタル時代の公共インフラになることです」ブロックチェーンは金融インフラですか?それとも後者より広いですか?
李画:Q 2.なぜあなたが「公共インフラ」の前につける限定語は「全デジタル時代」ではなく、例えばブロックチェーンは未来のインフラですか?
Q 3.ブロックチェーンは公共インフラとして、なぜ「全デジタル時代」と組み合わせるのですか?
李画:Q 4.全デジタル時代とは、何が新興のデジタル資産ですか?
Q 5.公共、インフラとは何ですか?
孫立林:いいですね。根掘り葉掘りの哲学が始まりました。
孫立林:全デジタル時代の到来とそれに伴うデジタルギャップは、この時代の最も主要な矛盾であるべきです。train.李画:Q 6.プライバシー計算はデータに関するすべてのものが利用できますか?確権、治理、取引などの基礎第一歩は?
李画:Q 7.プライバシー計算だけが実現されて、データは独立した権益体になります。現在のデータは奴隷制度の下で、未来は主権個体かもしれません。
李画:Q 8.ブロックチェーンを公共インフラとして設計・開発する場合、ブロックチェーンを別の技術革新として開発する場合、最大の違いは何ですか?
孫立林:私もヴィトゲンシュタインの表現方法で答えてみました。
A 1、ブロックチェーンの素質は金融インフラで、自身の構造は最初に支払い清算の最終的一致性の問題を解決するために使われました。
孫立林:A 2ですが、ブロックチェーンは本当に既存の金融業務の完全移転に適しているわけではなく、主に「デジタルマネー」時代の「データ資産」に適用される大規模な取引サービスと流動性サポートです。トラックn.孫立林:A 3、いわゆる「公共」の基本的な理由は、「データ」が他の伝統的資産の根本的な特性とは違って構築されているからです。「データ」は他の資産の完全な私有属性とは違って、生まれつきの部分的な公共属性を持っています。
孫立林:A 4、「データ」の「所有権」、「使用権」、「処理権」は、個人、機構、代理人、技術提供者、運営者、インターネット会社、政府などの複数の主体の間の権利と定義には、まだ法理学、政治学、倫理学及び技術分野に多重、多方面、多領域のゲームが存在しています。まだ完全な自己交渉のアーキテクチャが与えられていない。
孫立林:A 5、さらに単一のソースデータの信頼性と価値が足りないため、本当に「価値」を備えているデータは多くのソース、マルチ次元、マルチキャリアなどの特色を持つべきです。これらの分析はすべて単一の主体の供給に限られません。
孫立林A 6、だからデータは生まれつきの“公共の属性”を内在してその流動性を運ぶインフラが更に広範な内包とエピタキシャルを持つことを決定して、すでに単一のデータフォーマット、単一の資産のタイプ、単一の清算の構造、単一の垂直の領域の伝統的な処理方法に制限することができませんでした。このインフラストラクチャは必然的に多種類のデータソース、多構造データ、多重権益主体及び複数の計算配置の総合的な処理能力をカバーする必要があります。
孫立林:A 7、インフラストラクチャの基本的な使命は未来に向けた大規模な応用であり、データの公共属性という決定的な特徴はインフラストラクチャの内包定義とエピ阐发を決定しました。
孫立林:A 8、海デゲル氏は、人類は「詩的な生息地」を必要とし、デジタル化のプロセスは「詩的な生息地は数字の領土」として発展してきたが、現在は「詩的」ではなく、基礎建設と初期の「秩序」建設がまだ完成していないからだという。
孫立林:A 9人間が生きているのは「秩序」であり、伝統は生産の基本要素としてのエネルギー、土地、人口は人間の社会活動全体を反映し、積載するには十分ではない。データに代表されるデジタル化時代には、このような新しい「秩序」が構築されている。動の本質は社会化ネットワークの「総合運営コスト」を低減することであり、これは人類が「デジタル化時代」の秘密の根本である。
孫立林:A 10、新秩序の構築基はデータ流動性の需要と実質的な成長から切り離せない。過去数十年間、ITと相互ネットワークの実践は人類の一部の行動習慣をネットに移した。しかし,特性化されたネットワーク挙動に対しては,すべての物理的生活をマッピングしたり,数値に遷移したりしなかった。だから、部分的にはデジタル化に入っています。train.孫立林:A 11、「全デジタル化の基本的な特徴は人類の物理生活と社会化生活の全面的なリアルタイムオンライン化に現れるかもしれませんが、その秘密の根本は背後にある多方面のゲームで、基本的な「秩序」を確立することです。「良い」秩序の根本は、個々のデジタル化の自然権利が明確に定義され、確認され、委託と授権、取引と利益が得られます。完全な、自己交渉の、自足のデータ自然権利を残しています。秩序は語れません。
孫立林:A 12、全デジタル化時代は簡単に構成されます。ノード+データ+接続は十分な規定がありません。モデルのこの三つの要素は、十分な規模の「出現」が起こらないと、秩序が存在しない、合理的な「秩序」が存在しない。
孫立林:A 13、特定の秩序に基づくデータの「自由」流れはまだ大規模な実現がなされていないので、完全なデジタル化の到来とは判定できない。データの各利害関係者の「自然権利」の背後には、基本的な現実がある。すなわち、ほとんどのノードが「または識別可能」なデータの所有者は、「十分なデータ処理+分析+取引能力を備えていない。これは、そのすべてのデータの自然権利を様々な特定の秩序の下で許可された方法で譲渡、転送、授権、他の能力を持つノードに委託することを必ず求めることを決定した。
孫立林:A 15、以上の問題の存在は、次世代の公共基盤の背後にある「隠し秩序」を構成する。行の「秩序を明らかにする」「
孫立林:A 16、プライバシー計算の本質は全デジタル化時代」秩序「構造の基礎コンポーネントであり、データ暗号文に対する処理能力から離れると、「秩序」の供給を保障できない。私有財産の境界と法律の境界がまだ存在していないと、重商の資本主義の台頭がないようです。train.孫立林:A 17、全デジタル時代の秩序に依存する能力の一部としてのプライバシー計算は、この時代の公共インフラの基本素質に違いない。その根本的な意味は秩序を構築し、新たな商業を構築し、新たなネットを搭載し、人類の行為を再現しただけでなく、人類のデジタル生命とそれに伴う「自然権利」をさらに定義しました。
孫立林:A 18、いわゆる「基礎施設」はデータ秩序の全面的な実現が必要であり、必然的に一つの技術に依存しないで、ブロックチェーン技術は分散式帳簿技術の実現であり、分散式帳簿は分散式技術の実現である。具体的な技術から逸脱して、応用と秩序構造から逸脱して、具体的な技術を討論します。また、実際の応用から逸脱して、データの価値を討論します。
孫立林:A 19、核心は秩序です。
孫立林:A 20、人間に対してデータの自然権利の検討は、秩序を構築するために、そしてアプリケーションと技術です。
孫立林:A 21、しかし、背後に隠れている根本的な駆動力は、大規模な人間社会化ネットワークは、必然的に非線形的にこのネットワークの総合コストを低減する必要があります。生命に似た基礎代謝率が必ず存在します。これはインフラストラクチャの中心的な指標です。
李画:Q 9.このように理解できますか?ブロックチェーンは決済清算の一貫性の問題を解決しました。金融インフラです。デジタル化時代には、データの公共性のため、他の形式の金融インフラはデータ資産の流通と交換に耐えられません。ブロックチェーンは適任です。ですから、ブロックチェーンの本当の目標は全デジタル時代の公共インフラになることです。
李画:Q 10.および、いけません。数字ではない時代の生活の中で、金融インフラは社会が運営するインフラの中の一つであり、もちろん重要なことである。しかし、数字時代には、データがほとんどすべてを意味するので、この時にデータ流通と交換を担う金融基盤施設は、実はこの時代の「秩序」の重要な構成部分であり、その重要性と今金融インフラの重要性は同じではないです。だから、「公共インフラ」と呼んで、「金融インフラ」と表現します。はい、そうです。
孫立林:自分は同じレベルではないです。
孫立林:だから、スーパー清算者
孫立林:A 22.金融資産向けの金融インフラはすべてのデータ資産化、証券化、さらには貨幣化の問題を反映することができなくなりました。また、デジタル化の秩序を積載することができません。その中に含まれている技術的な要求は十分です。
孫立林:A 23.ブロックチェーンを代表とする各分布式計算技術の組み合わせは、ブロックチェーンそのものではなく、徐々にこの需要に適応することができる。
孫立林:A 24.プライバシー計算とブロックチェーンは一つの領域にありません。だから、「次の世代の計算アーキテクチャ」という言葉を使って、この変化を徹底的に説明しました。
孫立林:A 25.つまり単一クラウドアーキテクチャ、単一データフォーマット、単一アカウントシステムとID条件の下で明文に対する処理は、クラウド横断、データフォーマット横断、アカウントとID条件の下で暗号文に対する処理に発展する。簡単なデータ交換とデータ相互操作から複雑な計算相互操作に進化する。李画:はい、基本的にはあなたの意味を理解しています。今は細かい問題を聞いてみます。嫌な思いをしないでください。
孫立林:大丈夫です。
李画:Q 11.「データの公」共属性という決定的な特徴は、インフラストラクチャの内包定義と外延阐发を決定しました。内包の定義とそのエピタキシャルな説明?
孫立林:A 26.データの内生性は一種の認定された次世代の生産要素であるが、土地、エネルギーなどの要素と同じように、粗大蓄積の精製と価値化の過程が必要である。
A 27.その公共属性自体も単一のソース、単一の用途、単一の次元のデータを決定しています。本当の価値がありにくいです。したがって、一般的には「データ資産」ではなく、データの計算可能性に注目しています。
A 28.データの大量供給は価格決定権が共同で価値を提供できる「計算者」に移ることになります。私達が本当に関心を持っているのは、一般的な「データ」ではなく、「計算可能資源」です。
未来のネットワークはデータ駆動ではなく、計算可能なリソースで駆動し、定価化する。直接にネットワーク自体の規模と流動性を決定する。「計算相互操作」と呼ばれるインターネット。
A 29.だから私たちは「すべて計算できます」と言います。えっと、ブロックチェーンが金融インフラストラクチャであるということですが、前の理由は「決済清算の最終的一致問題を解決するための構造の初期段階です」ということですので、両者の因果関係を明らかにしたいと思います。孫立林:A 300.これは中本聡論文の初志です。論文の要約にも書いてあります。
李画:Q 13.「隠し秩序」とは、譲渡、移転、授権を求めることですか?「明秩序」とは「譲渡、移転、授権を求める」ことを透明で実行できるということですか?
李画:Q 14.「ここには必ず命に近い「基礎代謝率」が存在します。これはインフラストラクチャが考えるべき中心的な指標です。?
李画:Q 15.「しかし、背後に隠された根本的な駆動力は、大規模な人間社会化ネットワークは、必然的に非線形的にこのネットワークの総合コストを低減する必要があります。簡単に言えば、より少ない投入でネットワークの実行と引き換えにします」、「より少ない投入でネットワークの運行と引き換えに」と「秩序」の関係は何ですか?秩序は前者のために奉仕するのですか?
李画:Q 16.概括的に言えば、ブロックチェーンがデジタル化時代の新たな秩序を構築する中での具体的な役割は何ですか?あるいはそれは新秩序と、新秩序の他の構成部分との関係は何ですか?
孫立林:A 31.データは他の生産要素の重要な違いとして、データの赋予は非完全私有化の「公共属性」である。その内在的価値の実現は、その公共属性と私有属性の合理的な実現と定義から切り離せない。すなわち、データの価値は、さまざまな面での協力を必要とする。の価値を創造し、単独の評価、評価、定価ではない。そのため、データ生産要素を積載する次世代インフラストラクチャは、その基本素質をめぐって実現されることが求められている。これも「スーパー清算者」を提案する基本的な原因です。
A 32.計算可能な資源の観点から、業界、地域、標準とタイプの制限を受けなくてもいいです。その本質を「協議」の相互操作に還元して、各業界、各地域、ある標準、ある特定のタイプのデータを必要としないで、その必要なインフラをカスタマイズします。これはスーパー清算者が達成できる目標です。
孫立林:A 33.「隠し秩序」は先ほどタイピング問題に答えた時に頭から飛び出した言葉です。つまりデータは厳密に定義されていないか、あるいは「計算可能資源」として扱われる前に、相応の譲渡、移転と授権が既に存在しました。私たちは黙認または無意識にデータの処理権を渡しました。使用権、さらには処理権の委譲過程において、持続可能な所有権の委譲を行った。この問題は新興のインフラを通じて、所有権と使用権と処理権を完全に分離する必要があります。
孫立林:A 34.インフラの効用や有効性をどう測るか?どうやってインフラの運営性や総合コストを測定しますか?インフラストラクチャの基本能力や負荷境界はどうやって測定しますか?どのようにインフラストラクチャのセキュリティ閾値または安全の極値を測定しますか?これらは、インフラ自体の測定可能な指標システムを提供し、生命体と同様にエネルギー、情報、データの流動性を積載したブロックチェーンのインフラストラクチャであり、基礎的な代謝能力によって上記の問題を提起する必要があります。
孫立林:A 35.最終的な商用視点から見ると、技術ごとに特定の限界と配置要求があり、異なるシーンと応用ニーズの下でそれぞれの特色がある。しかし全体次世代のプライバシー計算の大規模な実現は,いずれも暗号学の大規模な展開と商用に高度に依存する必要がある。暗号学は数学理論からシステムの「安全性の証明」を与えた。つまり、1つのシステムの中で資源のプライバシー属性を計算して得る安全性の「極値」または「セキュリティレベル」は、システムが効率的で検証可能な暗号学的基礎によって決定される。
孫立林:A 36.秩序とは、システムが発散ではなく収束可能であり、コストが許容可能であり、無制限ではなく、多方面のゲーム関係がカオスではなくダイナミックバランスにあることを意味する。秩序はシステム全体に対して現れた持続可能な運営の一つの総合的な定義と抽象であり、先験的な理論または一般的な説明ではない。
孫立林:A 37.狭義のブロックチェーン定義とは、分散型帳簿技術の実現であり、未来のインフラの中だけである。使用する技術の一部は全部ではない。広義のブロックチェーンは、今日ではデジタル時代のインフラストラクチャ全体の同義的な指代として使われていますが、プライバシー計算ネットワーク、iot、AIなどの他の技術と協力してこそ、新たな秩序を本格的にサポートすることができます。人類が必要とする直接的な効用は、データに向かう各種の応用に依然として由来しています。
孫立林:A 38.事の本質は制度的な取引コストを測ることです。
(本稿の著者は、現在のマトリクス元創始者兼CEO、Chinaledger創始メンバー及び技術委員会副主任を紹介する。)