HOLD相場によると、貨幣安BTCUSDT価格BTCは9400 USDTの関門を突破し、現在は9400 USDTを報告し、24時間の下落率は12.97%だった。
HOLD相場によると、今回のBTCの暴落は7月17日未明ごろから始まり、午前00時18分ごろに10000ドルの関門を割り込みました。
投稿時までは、主要通貨の中でEOSが最も下落し、24時間で15.14%下落し、ETHはEOSに続き、24時間で14.38%下落し、次いでLTCは、24時間で13.13%下落した。
CoiMaketCapデータによると、市価上位100貨幣のうち、3つは値上がりし、97%は下落した。
ニュースを見ると、今回のBTCの暴落の影響の一つは7月16日夜10時からアメリカ合衆国上院銀行委員会と衆議院金融サービス委員会が開催するLiba公聴会である可能性がある。
公聴会では、参議院銀行、住宅、都市事務委員会のSheod Bow副会長が公聴会で、Facebookは危険だと言っていますが、自分を危険にするつもりはないです。
しかし、その影響力は大きすぎて、数十億のユーザーを操作するかもしれません。
Facebookを銀行業で試験させるのは「狂気の行為」です。
オーケーResurech上級研究員の李煉_さんは今回の下落は主に以下の二つの面があると思います。一つは技術的なフィードバックで、2019年3月以来、ビットコインは3000ドルから13000ドルの高位まで上昇しました。すでに大きな圧力が溜まりました。ビットコインの市場相場は7月11日ごろに「ダブルトップ」が現れました。の反転の形态は、これはすでに将来の価格の下落を暗示しています。第二に、7月12日に発表されたBitpoit取引所の盗難事件、Libaの将来の見通しがはっきりしていないことなど、市场の未来に不确定な要素をもたらしています。
「後期の動きについては、私たちのチームの6月の研究によると、ビットコイン市場はすでに全面的な回復期に入っていますが、2017年の「興奮」期に入っていない牛市は、本当の大牛市が来る前に、市場は依然として変動的な成長状態を呈しています。
現在ビットコインの価格はすでに「ダブルトップ」の形をした首のライン(10,000ドル)を着用していますので、将来的にはさらに下落を経験する可能性があります。
OKEx四半期の契約データによると、ビットコインの四半期契約は昨日の終値が明らかに60日間のコストラインを割って、終値は9369.95ドルで取引されました。
OKExアナリストのCharlesは60日のコストラインは中間の強弱境界線であり、割った後に中間の動きが巨大な転弱リスクを意味すると考えています。
また現在の状況から見て、貨幣価格が60日のコストラインを割った時の出来高は明らかに拡大しています。市場の中で自発的に販売力が強いと説明しています。後期に引き続き調整するのは依然として大体率の事件です。
ビットコインの四半期契約の日の抵抗は9700ドルで、サポートは9000ドルです。
アナリストのガイニエさんは技術面からBTCの今後の動きを分析しました。サポートビット6500
いくつかのアナリストにBTCの持ち場戦略投資ロジックについて聞きましたが、アナリストたちはBTCに対して長い線操作をするのがもっと好きで、短い線を使わないことを発見しました。
分子集団CEOの曹俊良さんは、「私はずっと長い線を作っています。今は短い線での取引はあまりしていません。長い線は一番儲かります。短い線での操作が多くて、儲けが少ないですが、短い線のほうが刺激的です。本当です。
曹俊良さんは日本の線で止まってから商品を引き取る習慣があると言いました。