日本の民間部門の参加者30人が研究チームを結成し、日本の三大銀行がこのグループの一部としてデジタル円の実験を行うことになりました。11月19日ロイターによると、研究グループは日本の銀行、複数のブローカー会社、公共事業会社、電気通信会社、小売業者からなる。
この新しいグループの会長のHromi Yamaokaによると、他の参加者が発行に参加する可能性は排除されていないが、実験目的で私有銀行がデジタル円の発行を担当するという。Yamaokaは日本中央銀行の元高級官僚で、日本中央銀行はここ数ヶ月、デジタル円の開発問題に対する応答が増えています。よく知られているように、日本は現金なしでの支払いのスピードが遅いです。現金払いは引き続き同国のすべての決済方式の約80%を占めています。米国は55%で、中国は30%だけです。日本の三大トップ銀行、三菱日聯金融グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループは、これまで個人のデジタル決済システムを開発し、デジタルトークンでの支払いを支援してきました。
しかし、新プロジェクトのビジョンは、「slio型」プラットフォームと分散したデジタル決済パターンの出現を避けることです。Yamaokaは言った:\u 0026 quot;
\u65e5本は多くのデジタルプラットフォームがありますが、現金の支払いを破るのに十分なものはありません。複数のプラットフォームが互いに互換性のあるフレームを作ることです。
私有銀行は現在、実験型デジタル円のために一般的な決算インフラを開発していますが、実験に参加した各当事者は、デジタル円が既存のスマートフォンベースの決済サービスと十分に競合することを証明できるように協力することを望んでいます。例えば、ソフトバンク、Paytm、ヤフーの合弁会社のPayPay。
今週はYamaokaが日本銀行と私有金融機関に発行されたデジタル円を確認しました。プライベート銀行の預金を含め、大量に流出する可能性があります。彼は言った:\u 0026 quot;根本的な問題はどのようにプライベート預金とCBDC(中央銀行のデジタル通貨)の両立を確保するためには、非常に難しい問題です。一方、個人預金から資金が流出するのは嫌です。一方、CBDCが広く採用されていない場合、CBDCを発行することは意味がない。
Yamaokaこの問題を解決するためには、さまざまなプラットフォームの利便性と相互操作性が必要で、中央銀行と民間部門の間で幅広い協力が必要となる。train.