ニュースによると、ラトガース大学賭博研究センターが行った調査では、問題賭博と暗号化通貨の取引との関係に焦点を当てた結果、暗号化された通貨取引は、強制的な賭博習慣を患う人にリスクを構成していることが明らかになった。この調査は成人876人が参加し、彼らは過去1年のうちに毎月少なくとも1回賭博をしています。調査によると、50 %を超えた回答者は過去1年で暗号化した通貨を取引したことがある。