韓国にてステーブルコインの発表が行われた。ステーブルコインは、仮想通貨の中でも安定した価値を誇る通貨であり、俗に言うペッグ通貨と呼ばれている。つまり、ステーブルコインは、法定通貨や金、仮想通貨そのものなどを担保としているため価値が変動することがない。そのため、仮想通貨のデメリットである価値の流動性を気にする必要がない。そして、韓国でもステーブルコインの発行が決定した。

 

・韓国のステーブルコインの発行について

今回、ステーブルコインの発行を行うのは、 TMON だ。 TMON はユニコーン企業と呼ばれる企業であり、資本としてはベンチャー企業の中でも特に心配がいらないと言えるだろう。

 

TMON が新しく発行を行うステーブルコインは Terra と言うものだ。Terraに関しては、 Huobi や Binance も出資を行っており、ユーザーや投資家から早くも期待されている。

 

加えて言えば、 TMON はすでに圧倒的なユーザー数を誇る TMONアライアンスを立ち上げており、通貨の流通や認知度に関しては問題がないと言えるだろう。

 

そして、今回発表されたステーブルコインは、トークンとしては terraとluna に分かれるものだ。 luna は法定通貨に準拠した準備金であり、 terra は電子通貨として人々の生活の中での決済手段となる。また、 terra で、支払いをすることで luna の保有者に手数料が入るという仕組みだ。

 

・ペッグ通貨が人気となる理由

仮想通貨市場におけるペッグ通貨の人気の高まりは、2018年に入ってから非常にわかりやすい形で投資家やユーザーに示された。仮想通貨の時価総額ランキングにおいて、アメリカの法定通貨であるドルと等価値を持つTether が10位以内にランクインしている。

 

ペッグ通貨の人気の高まりは、仮想通貨市場に対する不安の表れでもある。ペッグ通貨である限り、仮想通貨であってもある程度の価値は企業が発行しているものであれば、企業が倒産しない限り必ず補償されるためだ。

 

仮想通貨市場は、全体的にしばらく不安定な値動きを繰り返すとみられており、仮想通貨のメリットを享受したい場合、ステーブルコインの使用が最もリスク少ないと言える現状がある