楽天は、日本国内において多角的な事業で成功を収めている大手グループ企業だ。また、楽天は独自の仮想通貨である楽天コインの開発に取り組んでおり、楽天コインが市場に流通することになれば、間違いなくユーザーや投資家の注目が集まることになる。そして、今回、楽天はみなし業者であるみんなのビットコインを買収することを発表した。

 

・楽天の動向について

2018年8月31日、楽天は楽天カードを通じ、皆のビットコインの株式をすべて取得したことを発表した。楽天は、今回の買収で仮想通貨の取引の場を手にしたことになり、楽天コインなどの日本での流通をサポートすることになるだろう。

 

また、楽天は独自の仮想通貨を開発し、楽天コインを展開するサービスさえも決めていたが仮想通貨取引所は、組織として取得していなかった。今回の買収は、両社にとっては大きなメリットとなり得る。

 

みんなの仮想通貨は、楽天グループの一員となったことで、仮想通貨交換業者としての信頼性が上がる。加えて言えば、人員の強化や改善、セキュリティ対策などをさらに強化していく体制ができたと言える。

 

今後、楽天は仮想通貨と自社サービスを強く繋げ、日本における仮想通貨の流通に対しても非常に強みを持つと言えるだろう。

 

・楽天コインについて

楽天コインは、楽天が開発・運用する仮想通貨であり、楽天グループ全体で使用できる通貨となる予定だ。

 

現状、楽天には楽天グループ内で幅広い使い方ができる楽天ポイントが存在する。その楽天ポイントと楽天コインは等価値になる予定だ。楽天コインの流通に関しては、まずはロシアから始まることになるが、みんなのビットコインを買収したことによって体制を整え、日本での流通が早まる可能性がある。

 

そして、楽天はグループとして楽天コインを自社のサービスと連携させていくことが予想されるため、楽天コインの流通は、加速度的に広まっていくだろう。