過去数ヶ月の間に、分析会社Delphi DigitalはAaveチームと緊密に協力して、Aavenomicsの設計を指導し、コミュニティ管理に参加しています。この仕事の一部として、Delphi DigitalはAaveトークンアーキテクチャを提案しています。
今までに、この提案はAave創始者Stni Kulechovの高い認可を得ました。

.背景によると、DeFiローンの分野で、革新的なAaveが注目されています。公式サイトによると、現在のAaveプラットフォームの預金は15億ドルを超えています。さらに印象的なのは、展開の流れがないことです。これは、他のdefiローンアプリケーションの収益率がより魅力的だが、Aave貯蓄ユーザーはやはり残しておくことを選択して、Aaveの製品とコミュニティの品質を証明しているということです。しかし、最終的には貸借対照表はサービスとなります。これは競争が激しい市場です。どのような貸借対照表を持っている人でも効果的に借り入れを促進することができます。私たちが見たように、Uber、アマゾン、Googleなどの他の大手科学技術会社は金融サービスを提供し始めました。暗号化された貨幣の分野では、CREAMのような新しい価値は、より多くのリスクを負担することによってユーザーを引き付け、またYearnのようなプロジェクトもstableditソリューションを通じて貸与の領域に入る。
Aaveのようにその利率には一定のネット効果がありますが、現在採用されている単一、無差別の資産プールの設計にも欠陥があります。
資本効率が低下し、異なるリスクを束ねて、混合リターンを提供して、狭い資本基盤を誘致します。
失敗した実験の潜在的なコストを増やすことによって、イノベーションを阻害します。これらの失敗は伝染とシステムリスクを引き起こします。
競争者は吸血鬼の攻撃を促進するために激励措置を導入するか、より大きなリスクを冒して行動を加速し、新たなリスクの高い製品を追加します。新しいトークンアーキテクチャの提案により、システム全体の安全プールをキャンセルし、代わりにaaveDAO(aDAO)形式のスペアプールに変更しました。各aDAOは自分の通貨市場を管理し、これらの通貨市場に関するリスクを負担します。
aDAOトークン通過AAVEを備蓄資産としてロックし、タイアップカーブで鋳造する。タイアップカーブのAAVEは安全プールとして働き、aDAO通貨市場のリスクを担保しています。aDAOは自治体ですが、それ自体は他の通貨市場の知能契約を制御していません。逆に、aDAOの決定はいずれもAave DAOに送信されます。これは、ロック値(TVL)が常にAaveと一致していることを確認し、生態系全体のネットワーク効果を最大化する。
最初の図に示されたように、新たな提案は単独の資金プールですべてのAAVE市場を管理するのではなく、資本プールを分離し、それぞれの通貨市場のリスクを管理し、サポートしています。大切なのは、aDAOが治理を担当し、自分自身をサポートすることです。通貨市場のリスクについては、ユーザーは常にAaveフロントエンドとインテリジェント契約と相互作用します。これは、Aaveがユーザー関係を制御し、ロック値(TVL)を確保し、分岐抵抗と生態系全体のネットワーク効果を高めることができる。

複雑さが抽象化されて、ユーザー体験も改善されたので、理論的にはAaveがより速く発展し、より多くの種類の保険貨幣市場を提供することができます。
リスクを負担したい人は隔離され、コントロールされ、それによって適切なリターンが得られます。私たちは、この提案はAaveが信用契約になることを推進すると信じています。信用ツールではなく、Aaveを起動、発展及び通貨市場を管理するプラットフォームにし、Aaveの既存のネットワーク効果と規模から利益を得ることを目指しています。train.