Binance は、仮想通貨市場の中でも先進的な取り組みを行っている仮想通貨取引所だ。例えば、Binance が作成した。Binance ・チャリティー財団の新しいプラットフォームは、従来の寄付では見えなかった寄付の流通の透明性を飛躍的に向上させることができる。

 

その上で、今回マルタではBinance ・チャリティー財団のプラットフォームを利用して2018 L-Istrina Campaign と呼ばれるプロジェクトを始動させた。

 

・2018 L-Istrina Campaign の取り組み

2018 L-Istrina Campaign は、The Malta Community Chest Fund (MCCFF)が率先して行うプロジェクトだ。MCCFFはこれまで病気や貧困、虐待に苦しむ人々を支援することを目標にしてきた。

 

 Binance ・チャリティー財団のブロックチェーンは、CZ氏が語ったようにこれまでの寄付のあり方を根本的に変える可能性がある。実際、世界中のあらゆる寄付の透明性は不透明であり、どのようにして現地まで寄付としての資金が届くのか多くの人々は把握すらしていないだろう。

 

また、既存の寄付のシステムも国際送金などによって送られているとしても、政府間のやりとりとなっており、本当に必要とする人々まで届いていない可能性の方が高い。つまり、既存の寄付のシステムは、よほど関心の高い人々以外には若干の抵抗すらあると言っても過言ではない。

 

そして、今回の取り組みでは、支援内容をブロックチェーンに記録し、寄付をブロックチェーン上で追跡することが可能になる。

 

つまり、Binance のブロックチェーンを利用したMCCFF の取り組みは、世界の寄付のあり方を大きく変える可能性すらある。加えて言えば、Binance のブロックチェーン上でビットコイン、イーサリアム、バイナンスコインで寄付を行うことが可能だ。

 

仮想通貨市場では、社会貢献を行っている会社は増加しつつある。例えば、Ripple 社とコインベースも慈善事業を立ち上げており、今後ブロックチェーンによる寄付活動はと世界中に広がっていくだろう。