はい、物語の冒頭を的中しました。こんな展開になるとは思いませんでした。
○○○○○○○○・・・・・・・・・・・・・
6725は首のラインです。破れたら自然構造がもっと大きい箱体になります。
しかし、これだけなら、また戻って踏んで、もっと深く踏みます。
直接上に行くと、必ず指7042と30日線の近くの7340を指します。
歩くのが一番強い形だからです。
今日の最高は7440を倒しました。基本的には1000ドルの空間、つまり15%近くになります。
素地の平倉だけでなく、fomoに遭遇しました。しかも途中の空欄も全部掃除されました。
ビットメクスの上はもっと厳しいだけです。
しかし、最終的にはまだ30日ラインを受け入れています。これはずっと存在している大きなストレスの位置です。
第1ラウンドの相場を切り上げた
今は吐き返しです。形式上最初の段階で終わりました。
短期の反落点を見ます。
ここで打ち切るわけにはいかないからです。
なぜ波理論の主な波が5で、逆が3であるかを考えたことがありますか?
話が逸れました。後ろにはもちろん新しい動きがあるという意味です。
私は第2ラウンドのリバウンドを指します。
今の重要な問題は前に置いてある30日線はどうしますか?
簡単だと思いますが、磨いたり殺したりします。
これによって短期間の観点を明らかにした。
直接殺してもいいじゃないですか?未来は30日線を踏む必要があります。30日線はまだ転向していないので、大相場なら今は備えていないです。
今日ここで直接殺します。隠れた危険が大きすぎて、高くならないです。後期に戦略的な制空点を探します。
目標は30日線です
2、時間によって磨かれたら、頼りになります。
つまり昨日の大陽内では、支えを探してバランスを踏んで、時間をかけて景気を修復し、向上の原動力を得ています。
どのように市況を選ぶかは自分次第です。
大したことはないです。最初の場合は後で30日の線を踏んでから買います。
あるいは今の価格で50ドルを下に倒して分割して買います。
二つ目の場合は、何が心配ですか?
高いところを多く追いましたが、今も基本的に痛くてたまらないでしょう。
時間をかけて磨けば、市場は空虚になる。
つまり小レベルのシャッフルです。
あなたが人生を疑うまで洗わないなら、お金はそんなに儲かると思いますか?
市場は一日では終わりません。一日でも大丈夫です。
心を落ち着けて心を広くする。
私は自分の考えを言っています。第一の状況なら、直接突破します。私は追いません。誰かを追いたいです。
市が来たら、30日線の近くに箱を作ってください。倉庫を建てるかもしれません。
この場合はシャッフルの時間を30日線の近くに移して展開します。
上手なところはあなたに時間を割安にしないことです。
(あるいはあなたが自分のように、下に移すごとに、50ドルおきに2割買う。
このようにあなたは割り勘してもいいです。
)だから主に第二の考えです。
つまり、大陽内に箱を作るということ自体は、今は箱の中の姿すら見えないので、一方では、実際を主として、想像を補助としています。
想像の空間は上の影の区間(上の図)のように、保証できないし、割れない保証もないです。実際に準じると言いました。
今面白いのは直接大陽に30日線を着て、今5-30日の線の内部を残して平衡を歩いて揺れています。
だから支えて5日で計算して、ほぼいくつかの商品を食べることができて、バッチを覚えています。
皿洗いはすぐには終わらないし、規則通りに行くとは限らないので、いくつかに分けて食べても大丈夫です。
仮に5日线を割ったら、ちょっと买っただけです。
つまり、主力が強く商品を買うなら、自然短期の大局は大丈夫です。
自分で勝手に物を掃除したらいいです。
時間が許す場合は、目標の60日線を見てみましょう。