原稿を書く時までに、ビットコインはもう17562ドルになりました。エーテル坊は478ドルに来ました。11月11日から計算すると、ビットコインはほとんど連続して7日間上昇しました。
このような状況下では、デジタル通貨分野の大手ファンドのグレースケールは、価格を全く恐れていないようで、大きな手書きでビットコインを買い、エーテル坊も大きな手で買いました。おとといの11月16日には、また3153枚のビットコイン、5290枚のエーテルをグレースケールで買いました。昨日、もう一つの投資機関であるヘッジファンドの歩道橋資本は、36億ドルの投資許可ビットコインを米国証券監督会に求めていると伝えました。有名な共有経済の大御所、アイビー迎もこのほど、同社のIPO出資書で、将来的に適応する新技術には「トークン化」と「暗号化された通貨」が含まれていると述べました。これはこの大手が今後、ビットコインの支払いを受けるかどうかに大きな想像を与えました。スペース。
これらのニュースを今年からビットコインの分野に進出した大手(例えば、Micro Strategy、Paypalなど)と関連付けると、グレースケールというブランドのリードの下で、ビットコインの投資効果はすでにウォールストリートと科学技術大手の間で共鳴しており、今後はますます多くのウォール街の金融機関と科学技術大手がビットコインに大股にわたるだろう。。この信号から見れば、本船の数字通貨は牛市場があれば、ビットコインを先頭に牛市場を牽引し、機関投資家の進出を中心に牛市場を駆動する確率が高いです。
どの投資市場のように、牛市場の到来は機関投資家の姿があるが、牛市場の高潮は機関投資家ではなく個人投資家の貪欲さに触発されたのである。ビットコインは1万ドルから上昇し続けています。多くの個人経営者を車から落として、グレースケールをはじめとする機関に投資しています。者の継続的な購入によって形成された。市場の表面はまだ安定しています。まだ個人のFOMO感情を引き起こしていません。
.来年2月以降、投資市場は次の2ヶ月間の各種の不確定要素を全部排除して消化した後、市場の情緒の変化を迎えるかもしれません。そしてそれに伴って、市場の全面的な普遍的な膨張になるかもしれません。どの牛の市でも、すべての投資品は大体値上がりします。価値のあるものは価値のないものはいずれも鶏犬が昇天します。デジタル通貨市場もそうです。その時は主流通貨が高くなるばかりでなく、前期は過小評価に陥っていたDeFi類のトークンも高くなります。
私たちの文章の末尾にいつも読者のメッセージがあります。あるトークンは来年どのぐらいの価格に上がるかと聞きました。このような問題に対して、私は答えにくいです。見当がつかないからです。しかし、上記のように、牛市では、すべてのトークンがほぼ天に昇ります。これは大体の確率で起こります。。ですから、もし私たちが持っているのが価値があり、潜在力があるトークンなら、私たちはそれが牛市の中で上がるかどうか心配しなくてもいいです。
また、前の文章でも述べましたが、次の二ヶ月は市場がいろいろな意外と不確実性のために回復を迎える可能性があります。この反調が発生すれば、牛市が来る前に残りわずかの機会になるかもしれません。
したがって、現在の市場環境において、私たちの一番いい戦略は:しっかりと手に持っているトークンを持って、牛市の到来を待っています。同時に生活に影響を与えない余裕の資金を用意しています。この期間に巨大なフィードバックがあれば、このような機会に安価なチップを買います。train.