2019年3月17日、イスラマイナーズは銀行に対して訴訟を起こしていた内容について裁判所からの支持を獲得した。これは、マイニングを行う企業に対して銀行がみずからの判断でマネーロンダリングに繋がるといった懸念からイスラマイナーズの銀行口座を勝手に凍結したというものだ。

 

イスラエルにおける仮想通貨事業者の銀行口座のぜひは、各金融機関が決めることができる。もちろん、マイニングを行う企業としても犯罪に繋がるマネーロンダリングに自社が関わることなども損でいない。

 

加えて言えば、企業として銀行口座を使用できないということはあらゆる取引に影響が出るのは相当に硬くない。イスラマイナーズも銀行口座は凍結されたことによって資金繰りが悪化したと述べている。

 

仮想通貨の事業者に対する態度は、イスラエルでは強硬的なものではない。その上で、ここの事象によって各金融機関が仮想通貨関連企業の口座に対して凍結するかどうかという権利を有している。しかし、今回の判決からすれば事業者が勝手に、仮想通貨関連の事業者に対する不利益となり得る辞書を独断と偏見で決めてしまうことは大きなリスクが伴うということを示している。

 

仮想通貨の事業者に対する金融機関の口座は、開設すること自体が非常に難しい場合も少なくない。イスラエルの場合であっても、今回は裁判所が仮想通貨事業者の主張を支持しているものの、今後同じような歌であっても仮想通貨事業者がすべて勝訴となるとは限らない。イスラエルそのものは仮想通貨に対して許容的な姿勢を示しており、今後も規制当局が全面たったうえでブロックチェーン技術やプラットフォームを利用して、国内の経済状況をより良い方向へ変化させていくだろう。

 

しかし、仮想通貨事業者に対する規定は曖昧なままであり、今回のような事態が再度起こる可能性も高い。そうした事情を踏まえたうえで、仮想通貨事業者と金融機関の繋がりを見つめ直していく必要がある。加えて言えば、金融機関や仮想通貨事業者一方だけを強く規制することに意味はない。